GRAPHISOFT -BIM/建築CADソフトウェアのリーディングカンパニー

建築/建設業界における3Dモデルベースの建築CAD/BIMソフト・サービスを提供するGRAPHISOFT
世界初のBIMソフトであるARCHICADは、建築設計のあり方を変える革新的なソフトウェアとして世界中で利用されています

ARCHICAD 20新機能

ARCHICAD 20の新機能を特設サイトでご覧ください。

ARCHICAD 20

OPEN BIM

OPEN BIMとは、建物の設計・施工・運用に関わる各関係者の間で、自由なコラボレーションを可能にするアプローチです。

OPEN BIM

BIM導入プログラムARCHICAD JUMP!

ARCHICAD導入からBIMワークフローを段階的に習得できるトレーニングプログラム

ARCHICAD JUMP

Solibri Model Checker V9.7リリース
高度な問題処理および改善されたリソース管理

2016/9/23

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、フィンランドのSolibri社が開発・販売する『Solibri Model Checker V9.7の日本語版』を、2016年9月23日(金)にリリースいたしました。V9.7では、いくつかの新機能と、ロジックの適用およびモデルのレビューとチェックの動作分析の拡張がされました。「モデルの品質測定のための世界最高のソリューションを提供します」とSolibri社CEOのHeikki Kulusjärvi氏は述べています。課題管理分野での新機能、改善されたQA/QCワークフロー、ならびに企業内リソースの管理が今回のバージョンには含まれています。


ニュースリリースへ>>

Solibri Model Checker V9.7リリース

ArchiSummit2016 開催

2016/9/16

-ABKSS様webサイトより-

BIMへの取り組みを加速させる企業が増加する中、まだまだ言葉が独り歩きしている感があったBIMも「設計者だけのものではない」段階に差し掛かっています。近年メディアの影響からも認知度が高まり、その恩恵は建物の所有者や利用者にとって身近なものになりつつあります。そこで今回、導入を躊躇い、情報収集止まりの方にこそご参加頂きたいセミナーをご案内します。ARCHICADを知るのと知らないとでは大違い-企業の戦略や方向性に変化をもたらすことになるでしょう。


10月4日(火)  横浜会場申込み>>

11月9日(水) 福岡会場申込み>>

11月18日(金) 東京会場申込み>>

ArchiSummit2016

Len Lye Centre, New Zealand | Patterson Associates Architects | pattersons.com | Photo © Patrick Reynolds

“Fresh look at BIM -BIMを新たな目で-”
『GRAPHISOFT ARCHICAD 20』を国内リリース

2016/8/31

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICAD 19の次期バージョンとして、建築業界をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションの最新版である『ARCHICAD 20』を2016年9月28日(水)に販売開始することを本日発表いたしました。


ニュースリリースへ>>

“Fresh look at BIM -BIMを新たな目で-”<br>『GRAPHISOFT ARCHICAD 20』を国内リリース

GRAPHISOFTのBIMxはBIMデータへの完全なアクセスを提供

2016/8/3

ブダペスト 2016年8月2日 - 業界大手のビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)ソフトウェア開発業であるGRAPHISOFT®は、複数の受賞歴を誇るBIMプレゼンテーション/コミュニケーションアプリであるBIMxの大幅なアップデートを発表しました。このアップデートはBIMおよびBIMx PROの両アプリケーションに適用されています。


ニュースリリースへ>>

GRAPHISOFTがBIMxのデータアクセス機能の大幅なアップデートを発表

ARCHICAD BIM事例レポート 住田町新庁舎(岩手県)[2016年 BCS賞受賞]

2016/7/27

住田町は岩手県東南部に位置する人口6,000人ほどの町である。四方を600~1,300m級の山々に囲まれて森林面積は3万haを超え、町の総面積の約9割まで森林によって占められる緑豊かな地域として知られている。住田町では早くからこの森林資源を活かし、木材加工施設の整備を進めるなど、「森林・林業日本一の町」を目指して官民一体の取り組みを推進してきた。近年は木材流通システムの充実とともに、FSC 森林認証制度や木質バイオマスなど環境に配慮した新しい林業施策にも取り組んでいる。そんな住田町に、いま全国の注目を集めるユニークな建築物がある。2014年7月に竣工した「住田町庁舎」だ。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 住田町新庁舎(岩手県)

ARCHICAD BIM事例レポート 学校法人 中央工学校OSAKA

2016/7/12

あすなろ夢建築コンクールは、大阪府が主催する大阪府内の高校生・専修学校生を対象とする公共建築設計コンペである。学生向けだが優勝作品が建築される実施コンペであり、応募数は毎年200~300件に上る。そんな同コンテストの専修学校等の部で、今年 中央工学校OSAKAの学生がグランプリ・準グランプリ受賞者を独占した。特にグランプリ受賞者は1年生ながらARCHICAD を駆使して質の高い提案を行い、大きな注目を集めた。そんなグランプリ受賞者栗山匠さんと同校進路指導室の中島征治先生、非常勤講師の亀岡雅紀先生にお話を伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 学校法人 中央工学校OSAKA

ARCHICAD用 TOTOライブラリの提供

2016/6/23

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、TOTO株式会社のご協力の下、ARCHICADで使用できるTOTO商品のGDLオブジェクトである『TOTOライブラリ』を、年内に約100種を提供いたします。第1弾として、トイレ・手洗器、洗面器など20点のTOTOライブラリを2016年6月23日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

ARCHICAD用 TOTOライブラリの提供

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所

2016/6/10

一粒社ヴォーリズ建築事務所は、明治から昭和にかけて日本各地で多くの洋風建築を手がけた建築家 W・M・ヴォーリズが創設した、伝統ある設計事務所である。キリスト教精神を重んじたヴォーリズの意志を継ぎ、特に教会やミッションスクール、住宅などの建築設計を得意としている。2012年に ARCHICAD を導入し BIM の活用を開始した同社では、現在、計画段階から実施設計までトータルに BIM を用いた2つ目の案件を進めている。特殊な工法を用いたこの挑戦的なプロジェクトについて、本社設計室の岡野氏、萩野氏、白水氏に伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所

ARCHICAD x 商店建築 コラボレーションセミナー
ストアデザインの現在 ―人が集う空間の魅力を探る―

2016/5/30

6月30日(木)、商店建築社とのコラボレーションセミナーを開催いたします。プログラムは設計事務所ima 小林恭氏、マナ氏と月刊商店建築誌編集長 山倉礼士氏とのトークセッション「“楽しさ”を感じるインテリアデザイン!!」、ギャルド ユウ・エス・ピイ チーフデザイナー 山本豊氏による基調講演「魅力的なシーン創り 3D建築設計ツールを使った商業空間のデザインスタイル」、そしてグラフィソフトジャパンより「提案のスピードが格段に速く! -新しい3Dプレゼンテーション手法のご紹介-」となっております。


詳しくはこちら>>

ARCHICAD x 商店建築 コラボレーションセミナー ストアデザインの現在 ―人が集う空間の魅力を探る―

GRAPHISOFTがGrasshopper - ARCHICAD Live Connectionを発表

2016/5/24

数千人を超える世界中の設計者やデザイナーによる6カ月間のパブリックベータテストを経て、GRAPHISOFT®はGrasshopper - ARCHICAD Live Connectionを発表しました。業界初となる双方向での“Live” 連携により、Rhinoceros/GrasshopperユーザーはBIM専用ソフトウェア(ARCHICAD)への“Live” 連携が可能となります。


ニュースリリースへ>>

GRAPHISOFTがGrasshopper - ARCHICAD Live Connectionを発表

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社三橋設計

2016/5/19

株式会社三橋設計は、創業以来半世紀余の歴史を積み重ねてきた実力派の組織設計事務所である。近年は医療、福祉関係をはじめ、幅広い分野で全国の建築物の企画、設計、監理等を行っている。そんな同社では2010年、高度化する施主の多彩なニーズにスピーディかつ的確に応えていくため ARCHICAD を導入し、いち早く設計実務におけるBIM の活用を開始した。ここでは同社の ARCHICAD とBIM の具体的な活用状況と成果について、名古屋事務所長である林氏をはじめ5名の方にお話を伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

株式会社三橋設計

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社おおみ設計

2016/5/2

富山県砺波市のおおみ設計は、建築家 近江美郎氏が主宰する一級建築士事務所である。代表の近江氏は、日本建築家協会北陸支部長や本部理事、富山県設計監理組合理事などを歴任する富山県建築士業界の重鎮の1人であり、そんな同氏が率いるおおみ設計は、高い技術とチャレンジ精神で知られている。CAD 化や3次元の活用も地域に先駆けていち早く挑戦し、5年前にはARCHICAD を導入。BIM への挑戦もすでに開始している。ここではそのBIM 活用の現状と今後の展開について、近江代表とご子息の近江清志氏に話を伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

株式会社おおみ設計

ARCHICADバージョンごとのQuickTime利用についてのお知らせ

2016/4/22

WINDOWS版のQuicktimeのサポート停止に伴い、それぞれのARCHICADバージョンでQuickTimeテクノロジーがどのように利用されているかを説明する記事を掲載しました。ARCHICAD 17以前をご使用のお客様はご一読ください(ARCHICAD 18とそれ以降のバージョンではQuickTimeのインストールおよび利用はしておりません。)。

詳細はこちら>>

ARCHICADバージョンでQuickTime利用についてのお知らせ

ARCHICADのアドオンツール 「天井オブジェクト作成ツール」を提供

2016/4/4

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICADのアドオンツールとして「天井オブジェクト作成ツール」を2016年4月4日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

ARCHICADのアドオンツール 「天井オブジェクト作成ツール」を提供

一貫構造計算ソフトウェア「Super Build/SS3」へのエクスポート用アドオンソフトを提供

2016/2/22

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICADで作成したBIMモデルを、ユニオンシステム株式会社が開発・販売する一貫構造計算ソフトウェア「Super Build/SS3」にエクスポートするためのアドオンソフト「SS3 Converter for ARCHICAD」を2016年2月22日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

一貫構造計算ソフトウェア「Super Build/SS3」へのエクスポート用アドオンソフト画像

過去のニュースリリース>>