GRAPHISOFT -BIM/建築CADソフトウェアのリーディングカンパニー

建築/建設業界における3Dモデルベースの建築CAD/BIMソフト・サービスを提供するGRAPHISOFT
世界初のBIMソフトであるARCHICADは、建築設計のあり方を変える革新的なソフトウェアとして世界中で利用されています

ARCHICAD 20新機能

ARCHICAD 20の新機能を特設サイトでご覧ください。

ARCHICAD 20

OPEN BIM

OPEN BIMとは、建物の設計・施工・運用に関わる各関係者の間で、自由なコラボレーションを可能にするアプローチです。

OPEN BIM

BIM導入プログラムARCHICAD JUMP!

ARCHICAD導入からBIMワークフローを段階的に習得できるトレーニングプログラム

ARCHICAD JUMP

ARCHICAD BIM事例レポート ARCHICAD沖縄ユーザグループ

2016/12/6

ARCHICAD 普及の急速な進展とともに、日本各地で「ARCHICAD ユーザの輪」が拡がりつつある。特に有志によるユーザグループなどユーザコミュニティの創設が活発化し、すでに名古屋や関西、九州など、各地にユーザ会が誕生し活動を開始している。中でも最も新しいグループの1つが、沖縄県那覇市を中心とする ARCHICAD 沖縄ユーザグループ(AOUG)である。今回は那覇市で開催された同グループの定例会の場を訪ね、グループ創設の背景と活動状況について伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート ARCHICAD沖縄ユーザグループ

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社日建設計

2016/11/18

2日本を代表する組織建築設計事務所である日建設計は、BIM の活用と普及においても一貫してわが国の建築業界をリードし続けてきた。その展開の中核にあるのが、同社設計グループ代表の山梨知彦氏と同氏が率いる3D センター、DDL(Digital Design Lab)である。ここでは山梨氏に両チームと共に進めてきたBIMへの取り組みについてうかがうと共に、近年大きな話題を呼んだ日建設計の2つのBIM 活用プロジェクトについてもレポートする。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 第3回「ARCHICAD BIMコンペ」(ベトナム)

ARCHICAD BIM事例レポート 第3回「ARCHICAD BIMコンペ」(ベトナム)

2016/11/16

2016年6月24日、ベトナム・ホーチミン市建築大学で「ARCHICAD BIMコンペ2016」の最終選考会が開かれ、同大学のチーム「345」に最優秀賞が授与された。このコンペはグラフィソフトが2014年から毎年ベトナムで開催しているもので、第3回となった今回は約300人が参加した。過去のコンペに参加した学生のなかには、その後、日本企業に就職しBIM業界で活躍中の設計者もいる。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 第3回「ARCHICAD BIMコンペ」(ベトナム)

ArchiSummit2016 開催

2016/10/13

-ABKSS様webサイトより-

BIMへの取り組みを加速させる企業が増加する中、まだまだ言葉が独り歩きしている感があったBIMも「設計者だけのものではない」段階に差し掛かっています。近年メディアの影響からも認知度が高まり、その恩恵は建物の所有者や利用者にとって身近なものになりつつあります。そこで今回、導入を躊躇い、情報収集止まりの方にこそご参加頂きたいセミナーをご案内します。ARCHICADを知るのと知らないとでは大違い-企業の戦略や方向性に変化をもたらすことになるでしょう。


11月18日(金) 東京会場申込み>>

ArchiSummit2016

Len Lye Centre, New Zealand | Patterson Associates Architects | pattersons.com | Photo © Patrick Reynolds

ARCHICAD用 LIXIL ARCHICAD BIMデータの提供

2016/9/30

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、株式会社LIXILのご協力の下、ARCHICADで使用できるLIXIL商品のGDLオブジェクトである『LIXIL ARCHICAD BIMデータ』の提供を2016年9月29日より開始いたしました。今後設備商品については2017年3月までに約150点まで追加予定です。


ニュースリリースへ>>

ARCHICAD用 LIXIL ARCHICAD BIMデータの提供

【macOS 10.12】macOS 10.12 Sierra上でARCHICAD 19 クラッシュする事象について

2016/9/26

macOS 10.12 Sierra上でARCHICAD 19 (製造番号5005または6006)を起動すると、クラッシュする事象が報告されています。10月後半に問題を解決するためのアップデートがリリースされる予定ですので、恐れ入りますが、該当製品をご使用の方はmacOS 10.12 Sierraへのアップデートを控えていただきますようお願い申し上げます。ご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

【macOS 10.12】macOS 10.12 Sierra上でARCHICAD 19 クラッシュする事象について<

Solibri Model Checker V9.7リリース
高度な問題処理および改善されたリソース管理

2016/9/23

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、フィンランドのSolibri社が開発・販売する『Solibri Model Checker V9.7の日本語版』を、2016年9月23日(金)にリリースいたしました。V9.7では、いくつかの新機能と、ロジックの適用およびモデルのレビューとチェックの動作分析の拡張がされました。「モデルの品質測定のための世界最高のソリューションを提供します」とSolibri社CEOのHeikki Kulusjärvi氏は述べています。課題管理分野での新機能、改善されたQA/QCワークフロー、ならびに企業内リソースの管理が今回のバージョンには含まれています。


ニュースリリースへ>>

Solibri Model Checker V9.7リリース

“Fresh look at BIM -BIMを新たな目で-”
『GRAPHISOFT ARCHICAD 20』を国内リリース

2016/8/31

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICAD 19の次期バージョンとして、建築業界をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションの最新版である『ARCHICAD 20』を2016年9月28日(水)に販売開始することを本日発表いたしました。


ニュースリリースへ>>

“Fresh look at BIM -BIMを新たな目で-”<br>『GRAPHISOFT ARCHICAD 20』を国内リリース

GRAPHISOFTのBIMxはBIMデータへの完全なアクセスを提供

2016/8/3

ブダペスト 2016年8月2日 - 業界大手のビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)ソフトウェア開発業であるGRAPHISOFT®は、複数の受賞歴を誇るBIMプレゼンテーション/コミュニケーションアプリであるBIMxの大幅なアップデートを発表しました。このアップデートはBIMおよびBIMx PROの両アプリケーションに適用されています。


ニュースリリースへ>>

GRAPHISOFTがBIMxのデータアクセス機能の大幅なアップデートを発表

ARCHICAD BIM事例レポート 住田町新庁舎(岩手県)[2016年 BCS賞受賞]

2016/7/27

住田町は岩手県東南部に位置する人口6,000人ほどの町である。四方を600~1,300m級の山々に囲まれて森林面積は3万haを超え、町の総面積の約9割まで森林によって占められる緑豊かな地域として知られている。住田町では早くからこの森林資源を活かし、木材加工施設の整備を進めるなど、「森林・林業日本一の町」を目指して官民一体の取り組みを推進してきた。近年は木材流通システムの充実とともに、FSC 森林認証制度や木質バイオマスなど環境に配慮した新しい林業施策にも取り組んでいる。そんな住田町に、いま全国の注目を集めるユニークな建築物がある。2014年7月に竣工した「住田町庁舎」だ。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 住田町新庁舎(岩手県)

ARCHICAD BIM事例レポート 学校法人 中央工学校OSAKA

2016/7/12

あすなろ夢建築コンクールは、大阪府が主催する大阪府内の高校生・専修学校生を対象とする公共建築設計コンペである。学生向けだが優勝作品が建築される実施コンペであり、応募数は毎年200~300件に上る。そんな同コンテストの専修学校等の部で、今年 中央工学校OSAKAの学生がグランプリ・準グランプリ受賞者を独占した。特にグランプリ受賞者は1年生ながらARCHICAD を駆使して質の高い提案を行い、大きな注目を集めた。そんなグランプリ受賞者栗山匠さんと同校進路指導室の中島征治先生、非常勤講師の亀岡雅紀先生にお話を伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 学校法人 中央工学校OSAKA

ARCHICAD用 TOTOライブラリの提供

2016/6/23

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、TOTO株式会社のご協力の下、ARCHICADで使用できるTOTO商品のGDLオブジェクトである『TOTOライブラリ』を、年内に約100種を提供いたします。第1弾として、トイレ・手洗器、洗面器など20点のTOTOライブラリを2016年6月23日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

ARCHICAD用 TOTOライブラリの提供

過去のニュースリリース>>