GRAPHISOFT -BIM/建築CADソフトウェアのリーディングカンパニー

建築/建設業界における3Dモデルベースの建築CAD/BIMソフト・サービスを提供するGRAPHISOFT
世界初のBIMソフトであるARCHICADは、建築設計のあり方を変える革新的なソフトウェアとして世界中で利用されています

ARCHICAD 20新機能

ARCHICAD 20の新機能を特設サイトでご覧ください。

ARCHICAD 20

OPEN BIM

OPEN BIMとは、建物の設計・施工・運用に関わる各関係者の間で、自由なコラボレーションを可能にするアプローチです。

OPEN BIM

BIM導入プログラムARCHICAD JUMP!

ARCHICAD導入からBIMワークフローを段階的に習得できるトレーニングプログラム

ARCHICAD JUMP

BIMスキルアップセミナー開催

2017/2/28

ARCHICAD 20で建具の機能が改善されました。今回は建具の新機能の紹介とともに、その他の新機能と組み合わせた活用方法を紹介します。

  • 3月8日(水):大阪
  • 3月15日(水):名古屋
  • 3月22日(水):東京


BIMスキルアップセミナーページへ>>

ARCHICAD 20建具

ARCHICAD実施設計テンプレートの提供

2017/2/17

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、豊富なコンテンツを揃えた実務用テンプレート「ARCHICAD実施設計テンプレート」を2017年2月17日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

ARCHICAD実施設計テンプレートの提供

新たに3つのARCHICADのアドオンツールを提供

2017/2/7

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、既存のVIPアドオンツールの改善などを含む定期的なアップデートに加え、新たに3つのARCHICADのアドオンツールを2017年2月7日より提供いたします。


ニュースリリースへ>>

新たに3つのARCHICADのアドオンツールを提供

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社 大米建設

2016/12/29

那覇市の大米建設は沖縄の地で半世紀余の歴史を持つ総合建設会社である。宮古島生まれの企業だけに沖縄本島から宮古島や石垣島、周辺の島々にも広く展開。公共建築を中心に民間建築や土木工事まで請負っている。そんな同社は同時に新技術への果敢な取組みにも定評がある。以前から設計3次元化に取組み、昨年いよいよARCHICAD による本格的な BIM の活用を開始した。その狙いと現状について、建築本部長の新里氏と技術管理部の高良氏、建築部の朝倉氏にお話を伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社 大米建設

ARCHICAD BIM事例レポート 社会福祉法人 江原恵明会

2016/12/28

江原恵明会は岡山県津山市に展開する社会福祉法人。児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉を三本柱に、きめ細かな福祉サービスを提供している。堅い信頼関係で結ばれた地域との絆と共に、同会の特色となっているのが、個性的な意匠と機能性を備えた施設建築だ。一見、福祉施設に見えない保育園や老人ホーム、障害者施設など建築雑誌にも紹介されるほど。この建築を主導するのが、ARCHICAD ユーザでもある理事長の江原秀国氏である。そんな江原氏に「施主のARCHICAD 活用法」について伺ってみた。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 社会福祉法人 江原恵明会

ARCHICAD BIM事例レポート 池田建築設計

2016/12/27

池田建築設計は、建築家 池田暢一郎氏が主宰する建築設計事務所である。ファサードやインテリアなどデザインに特化した設計を得意とし、商業建築を中心に豊富な実績を蓄積する同社は、特にディティールまで踏み込んで作り込む独自の「デザイン・デベロップメント」の設計手法でも注目されている。2015年、池田氏は ARCHICAD を導入しBIM の本格運用を開始した。その最新成果となる「伊東屋」リニューアルプロジェクト例を中心に、BIM 活用の狙いと背景について池田氏とパートナーの横山氏に伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 池田建築設計

写真:梶原敏英

GRAPHISOFT BIMxの最新リリースでGoogle Cardboardをサポート

2016/12/26

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、BIMプレゼンテーション&コミュニケーションアプリBIMxのVR(バーチャルリアリティ)機能の実装を発表しました。


ニュースリリースへ>>

GRAPHISOFT BIMxの最新リリースでGoogle Cardboardをサポート

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社エスエヌジーデザイン

2016/12/20

沖縄県名護市のエスエヌジーデザインは、建築家末松信吾氏が主宰する一級建築士事務所である。沖縄を中心に住宅や商店建築、公共建築など、多彩な物件に取組む末松氏は、構造設計の技術を活かした構造デザインを得意とする建築家だ。確かな技術に裏付けられ、大胆かつユニークなアイデアにあふれた作品群は内外から高く評価されている。そんな末松氏が近年特に力を入れているのが、ARCHICAD を核にしたBIM の活用である。そんな末松氏に建築家にとってのBIM のメリットについて伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社エスエヌジーデザイン

ARCHICAD BIM事例レポート ARCHICAD沖縄ユーザグループ

2016/12/6

ARCHICAD 普及の急速な進展とともに、日本各地で「ARCHICAD ユーザの輪」が拡がりつつある。特に有志によるユーザグループなどユーザコミュニティの創設が活発化し、すでに名古屋や関西、九州など、各地にユーザ会が誕生し活動を開始している。中でも最も新しいグループの1つが、沖縄県那覇市を中心とする ARCHICAD 沖縄ユーザグループ(AOUG)である。今回は那覇市で開催された同グループの定例会の場を訪ね、グループ創設の背景と活動状況について伺った。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート ARCHICAD沖縄ユーザグループ

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社日建設計

2016/11/18

日本を代表する組織建築設計事務所である日建設計は、BIM の活用と普及においても一貫してわが国の建築業界をリードし続けてきた。その展開の中核にあるのが、同社設計グループ代表の山梨知彦氏と同氏が率いる3D センター、DDL(Digital Design Lab)である。ここでは山梨氏に両チームと共に進めてきたBIMへの取り組みについてうかがうと共に、近年大きな話題を呼んだ日建設計の2つのBIM 活用プロジェクトについてもレポートする。


ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ARCHICAD BIM事例レポート 第3回「ARCHICAD BIMコンペ」(ベトナム)

過去のニュースリリース>>