GRAPHISOFT -BIM/建築CADソフトウェアのリーディングカンパニー

建築/建設業界における3Dモデルベースの建築CAD/BIMソフト・サービスを提供するGRAPHISOFT
世界初のBIMソフトであるArchiCADは、建築設計のあり方を変える革新的なソフトウェアとして世界中で利用されています

高品質レンダリング

ArchiCAD 18 最新コンセプト

高品質レンダリング

改訂管理

統合された
改訂管理ワークフロー

改訂管理

BIM導入プログラムArchiCAD JUMP!

ArchiCAD導入からBIMワークフローを段階的に習得できるトレーニングプログラム

ArchiCAD JUMP

ネットワークエンジニア、セールスエンジニア採用募集を開始しました

グラフィソフトジャパンではネットワークエンジニア、セールスエンジニアを募集しております。詳しくは下記採用情報ページをご覧ください。

採用情報ページ

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社竹中工務店

2015/7/23

竹中工務店大阪本店設計部とグラフィソフトジャパンは、「Solibri Model Checker」の開発元であるフィンランドのSolibri社と連携し、鉄筋コンクリート(RC)構造のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデル上で、梁に設備が貫通できる範囲を表示する新ルールテンプレートを開発した。その結果、従来は1フロア当たり1~2週間必要だった梁と設備の貫通チェック作業がほとんど不要になり、設計は大幅に効率化された。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

株式会社竹中工務店

ARCHICAD BIM事例レポート 有限会社アーバンビジョン建築事務所

2015/7/16

大分市のアーバンビジョン建築事務所は、クリニックや歯科医院など医療関連の建築設計に豊富な実績を持つ一級建築士事務所である。同社は早い時期から設計業務のデジタル化に取り組み、3次元化についてもいち早く ARCHICAD を導入。医療分野ならではの高度かつ多彩なニーズに応えながら大分・福岡・熊本の3県に展開し、いまや医療系に特化した設計事務所として地域を代表する1社となっている。そんな同社の高品質かつ高効率な設計実務を支える ARCHICAD の活用法について、代表の宮﨑隆博氏に伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

有限会社アーバンビジョン建築事務所

BIM Theater 設計者のためのBIM体験型セミナー<博多>のご案内

2015/7/14

―株式会社エービーケーエスエス様のWebサイトより―
BIMの導入において、「情報収集とシステムの選択で命運が分かれる」といっても過言ではありません。そこで、業界内で関心が高まる一方のBIMとは何なのか・・・から始まり、注目度の高いARCHICADのご紹介と体験会を実施いたします。

イベント詳細はこちら>>

BIM Theater 設計者のためのBIM体験型セミナー<博多>のご案内

BIMワークフロー支援キャンペーン

2015/7/13

ARCHICAD 18レギュラー版に搭載されているチームワーク機能を利用すれば、1つのプロジェクトの中で複数のメンバーが同時に作業をすることができ、業務の設計スピード、効率性、正確性を飛躍的に高めることができます。BIM環境の構築のため、この機会をぜひご利用ください。

キャンペーン詳細はこちら>>

BIMワークフロー支援キャンペーン

ARCHICAD BIM事例レポート 鹿島建設株式会社

2015/7/9

本格的な活用段階を迎えた日本の BIM も、ここへきて徐々に各社の展開や普及状況に違いが見え始めてきた。その中でより実務に沿った施工現場での BIM 活用により、着実な成果を上げつつあるのが鹿島建設である。ARCHICAD をメインツールとする独自の BIM 環境「Global BIM」を開発・整備した同社は 、これを核に施工現場主体の BIM 普及を急ピッチで推進。2014年度までに総計340現場への BIM 導入を実現するに至っている。いまや日本のBIMを牽引する存在となったその取組みについて、建築管理本部の矢島氏、安井氏にお話を伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

鹿島建設株式会社

GRAPHISOFT Rhinocerosとの連携を発表

2015/6/1

ブダペスト - 業界大手のビルディングインフォメーションモデリング(BIM)ソフトウェア開発業であるGRAPHISOFT®は、Rhinoceros® - ARCHICAD コネクションを発表しました。この連携機能は、Mac、Windows両方のプラットフォームにおいて、RhinoモデルをGDLオブジェクトとしてARCHICADへインポートすることを可能にします。


ニュースリリースへ>>

ARCHICAD BIM事例レポート 株式会社ixrea

2015/4/28

鹿児島市に本社を置くixrea は、新進気鋭の建築士 吉田浩司氏が主宰する一級建築士事務所である。2013年に設立された若いアトリエだが、所長以下2名という少数精鋭ながら、すでに集合住宅を中心に数十棟の建築設計を手がけるなど、傑出した生産性の高さとクオリティで地元の注目を集めている。そして、そんな同社の原動力の1つが、設立当初より導入・活用しているARCHICAD によるBIM 設計の展開である。BIM導 入の背景と具体的な活用法について、同社代表の吉田浩司氏にお話を伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

株式会社ixrea

ARCHICAD BIM事例レポート 大成建設株式会社

2015/4/13

大成建設はグラフィソフトジャパンの「Solibri Model Checker」を導入し、図面の干渉チェックに要する時間を大幅短縮した。設計者が図面確認を行う約50の項目を独自にルール化。意匠と構造のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルの干渉部分や天井ふところの高さ不足などを自動的に発見し、その結果を3DモデルやExcelのレポートで即座に共有できるようになった。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

大成建設株式会社

ARCHICAD BIM事例レポート 栗林賢次建築研究所

2015/4/8

大阪市の栗林賢次建築研究所は、建築家 栗林賢次氏が主宰する建築設計事務所である。設立 以来20年余の歴史を持つ同建築研究所は、その長い歴史のほとんどを栗林氏とアシスタント1名によるアトリエ事務所スタイルで運営してきた。しかし現在地に移転後、わずか2年余で新たに所員3名が加わり、住宅分野を中心にこれまでにない活発な活動を開始しているその原動力となっているのが、事務所移転と同時に導入したARCHICAD の活用である。その導入背景と活用法について、栗林所長と所員の皆さんに伺った。

ARCHICAD BIM事例レポートはこちら>>

ArchiCADではじめるBIM設計入門 [企画設計編]発売

ArchiCADではじめるBIM設計入門 [企画設計編]発売

2015/3/16

株式会社エクスナレッジよりArchiCAD関連書籍「ArchiCADではじめるBIM設計入門[企画設計編](BIM LABO著)」が発売されました。BIMについての解説から、実際にArchiCADのBIMガイドラインを使用しての実践までが解説されています。

ニュースリリースはこちら>>

ArchiCADではじめるBIM設計入門 [企画設計編]発売

GRAPHISOFT シンガポール
BIM先進研究センターと共同研究契約を締結

2015/2/27

シンガポール - GRAPHISOFT Singapore(以下「GSSG」)は、2月13日 シンガポール国立大学(NUS)が新たに設立する「BIM先進研究センター」と共同研究契約を締結しました。この共同研究において、GRAPHISOFTはArchiCADのプラットフォーム上での建設プロジェクトを促進するために、NUS独自のソフトウェアの実行を可能にするアドインを構築します。また、NUSでは2014年8月より、2年生から5年生を対象としたBIMの授業が開始され、このカリキュラムとして、基本プラットフォームにArchiCADが採用されました。これにより、2015年の5月にはArchiCADを学んだ多くの学生が卒業する予定です。

ニュースリリースはこちら>>

GRAPHISOFT シンガポール<br>BIM先進研究センターと共同研究契約を締結

過去のニュースリリース>>