Bradford College, UK | Bond Bryan Architects | www.bondbryan.com

ARCHICAD 19 — 嘗(かつ)てない速さ

ARCHICAD 19では、もうロード時間を気にする必要はありません。嘗(かつ)てない速さを実現したARCHICAD 19のBIMワークフローをご体験ください。BIM業界では初となる安定した64ビット、マルチプロセッシング技術でのバックグラウンド処理がさらに進化。これまでにない作業スピードの向上で、BIMでのビジネスをさらに加速させます。

パフォーマンス

業界初のリアルタイムBIMコラボレーションをチームのサイズやロケーション、構成に関わらず提供します。

詳しくはこちら

バックグラウンド処理

使用していないコンピュータの処理能力を活用し、ユーザーが次に行う操作を想定した上で、バックグラウンドで処理を準備します。

詳しくはこちら

より快適な設計業務

設計者の業務のうち、多くの時間を費やす退屈な仕事をより快適に変えます。

詳しくはこちら

直観的な操作性

MacとWindows、どちらのユーザーにも作業環境の改善を提供します。

詳しくはこちら

OPEN BIM

改良されたIFCベースでの連携と、MEP Modelerを使用した干渉チェックにより、設計者とエンジニアのOPEN BIMコラボレーションを向上させます。

詳しくはこちら

ARCHICAD 19 — メディアでの論評

REVIEW: ARCHICAD 19: performance BIM

by Martyn Day, AECMAGAZINE

驚異的なスピードの向上、この素晴らしいアップデートは明らかにAutodesk Revitのパフォーマンスに不満を募らせているユーザーに向けたものである。
続きを読む

"GRAPHISOFTは、私たちのチームがより速く、容易に成果物を制作するための新機能を提供し続けています。"材質ぺインター"によってインテリアデザインチームはより直観的に設計を進めることができます。IFCトランスレータのアップデートで、IFC参照モデルでの作業はさらに合理化され、より簡単になりました。BIMxでの"カスタムデータエクスポート"によって、協力会社は図面を見ることなく、iPadのBIMxから必要なデータを取得することができるようになったことを歓迎しています。" Nathan Hildebrandt, Associate | BIM Manager, Fulton Trotter Architects, Australia

"これはすごい!ARCHICADの開発チームがまたやってくれました!ARCHICAD 19には新しいツールや機能の改善が満載です。新しい標識や、寸法ツールはもちろんのこと、私の一番のお気に入りは"Surface Scheduling capabilities"です。これらによって膨大な作業時間が節約され、新バージョンが一層素晴らしいものに感じられます。MacのユーザーインターフェースとTABバーへの変更は、さらに高速なワークフローを実現します。" Dominicus Björkstam, db-architects ltd, Finland

"ARCHICAD 19において、GRAPHISOFTは作業性や効率性を大きく改善しました。"タブバー"や"パレットのドッキング"、そして簡素化されたツール設定はユーザーのお気に入りとなり、特に新規ユーザーには歓迎されるでしょう。8年前からARCHICADを使っている「ヘビーユーザー」として、寸法ツールの改善を猛烈にうれしく思います。これは間違いなく時間の節約になります。" Jennifer Brown, Shook Kelley​

"これまで11のバージョンにおけるARCHICADの進化を見てこられたことは素晴らしいことだと思っています。多くのテクノロジーの進歩によって、私たちの産業に利益をもたらしてくれました。ARCHICAD 19は、その進化を継続しています。ARCHICADの技術力の強さだけでなく、それに伴うコミュニティの強さがあります。地域のユーザーグループ、大規模なカンファレンス、またはグローバルなオンラインコミュニティなど、ユーザーと開発者のコミュニケーションはARCHICADの最高の機能の一つとなっています。このコミュニティでの知識、人々とのつながりによって、私は長年役立つ情報を得ることができ、また楽しい時間を過ごすことができています。本当に感謝しています。" Geoff Briggs, DeForest Architects+, Seattle, WA USA