建築家への最高の報酬は、自分自身のデザインアイデアが現実のものとして実現されることです。GRAPHISOFT®ARCHICAD®のBIMのアプローチは、建築的に正しい詳細の納まりを、BIMモデルで全く新しい方法で実現させることです。

ARCHICADを使用し、3Dビルディングインフォメーションモデルを作成すると、すべての必要な図面や画像が自動的に作成されます。新しい優先順位ベースの包絡、インテリジェントなビルディングマテリアルは断面図(切断塗りつぶし)、3Dビューの材質、建物エネルギー評価の物理的特性における要素とマテリアルの正確な表現表示を可能にします。ARCHICADはリノベーションおよび改修プロジェクトのための標準BIMデザイン、ドキュメンテーションのワークフローを提供しています。ARCHICADのビュー設定の大きな可能性、統合された発行セットの能力と共にその特有の図面処理によって、同じビルディングインフォメーションモデルからプロジェクトにおける多様な図面セット印刷または保存を余分な時間をかけずに確実に行います。

設計図書の効率的な作成

変更の容易性と柔軟性

全ての図面が正確に整合性を持った設計図書としてシームレスに連動。図面の変更がリアルタイムで全図面に反映され、設計スピード、効率性、正確性を飛躍的に高めます。さらに建築的な概念で作業を行えるよう実際の建築と同じフロアの概念を持っているため、図面単位だけでなくプロジェクト単位での作業効率を高めます。

設計図書の作成
矩計図 a.m.a design architect office, Japan

連動する寸法

寸法は、2点間測定/2点間加算/半径/角度また高度寸法線(高さ自動読み取り)R自動測定が可能です。配置された寸法線は、各構成材(壁・建具・部品など各要素)に自動的に連動します。