ARCHICAD 17 3Dデザイン

オールラウンドの3Dワークフロー

ARCHICAD 17では、3Dモデリング環境をさらに改善するリアルタイムの「3D切断面」、自動化された「要素の上部リンク」、湾曲梁、壁・スラブの入力方法の改善など、BIMのワークフローをさらに改善しました。

リアルタイムの3D切断

Real-time 3D Cutting Planes

要素の上部フロアリンク

Element Association to Story Heights

壁・スラブの基準線

壁・スラブの基準線

要素の上部フロアリンク

自動化された建築要素のフロアへのリンクは、複雑な建築プロジェクトに役立ちます。ARCHICAD 17は建築的に正しい方法で、確実に要素をフロアにリンクさせます。 壁、柱、ゾーンの高さを特定のフロアにリンクできます。フロアの位置が変更されると、リンクを設定した要素の高さが自動的に調整されます。このため、フロアの高さを変更すれば、リンクされた全ての要素の高さが自動的に更新されます。
その一方で、固定高さを入力し、与えられた基準レベルに対して基準高さを定義することもできます。これによって、プロジェクトの完全なコントロールが可能になるでしょう。
Element Association to Story Heights
  • フロアへの要素のリンクに関する概要
    フロアへの要素のリンクに関する概要
  • フロアへの要素のリンク:配置フロア対現在のフロア
    フロアへの要素のリンク:配置フロア対現在のフロア
  • フロアへの要素のリンク:3D配置
    フロアへの要素のリンク:3D配置
  • フロアへの要素のリンク:編集中の平面
    フロアへの要素のリンク:編集中の平面
  • フロアへの要素のリンク:設定ダイアログでの配置フロアおよび上部リンクフロアの設定/変更
    フロアへの要素のリンク:設定ダイアログでの配置フロアおよび上部リンクフロアの設定/変更
  • フロアへの要素のリンク:情報ボックスでの配置フロアおよび上部リンクフロアの設定/変更
    フロアへの要素のリンク:情報ボックスでの配置フロアおよび上部リンクフロアの設定/変更
  • フロアへの要素のリンク:複数選択での配置フロアまたは上部リンクフロアの変更
    フロアへの要素のリンク:複数選択での配置フロアまたは上部リンクフロアの変更
  • フロアへの要素のリンク:配置フロアまたは上部リンクフロアの削除
    フロアへの要素のリンク:配置フロアまたは上部リンクフロアの削除
  • フロアへの要素のリンク:フロアの挿入
    フロアへの要素のリンク:フロアの挿入
  • フロアへの要素のリンク:フロアの高さの変更
    フロアへの要素のリンク:フロアの高さの変更
  • フロアへの要素のリンク:配置フロアの再リンク
    フロアへの要素のリンク:配置フロアの再リンク
  • フロアへの要素のリンク:断面図、立面図、および展開図での利用
    フロアへの要素のリンク:断面図、立面図、および展開図での利用
  • フロアへの要素のリンク:コピー/貼りつけの場合のリンクした要素の動作
    フロアへの要素のリンク:コピー/貼りつけの場合のリンクした要素の動作
  • フロアへの要素のリンク:パラメータの転送中の動作
    フロアへの要素のリンク:パラメータの転送中の動作
  • フロアへの要素のリンク:情報タグまたは座標情報
    フロアへの要素のリンク:情報タグまたは座標情報
  • フロアへの要素のリンク:反転したモデリング結果の処理
    フロアへの要素のリンク:反転したモデリング結果の処理
  • フロアへの要素のリンク:検索と選択
    フロアへの要素のリンク:検索と選択
  • フロアへの要素のリンク:連動一覧表
    フロアへの要素のリンク:連動一覧表
  • 要素のリンク:壁へのドアおよび窓のリンク
    要素のリンク:壁へのドアおよび窓のリンク
  • 接合のモデリング相互作用
    接合のモデリング相互作用
  • 接合部の寸法記入
    接合部の寸法記入
  • 寸法記入のフィードバックに関する強化点
    寸法記入のフィードバックに関する強化点
Sede Usiminas | Designed by Farkasvolgyi Arquitetura Sede Usiminas | Designed by Farkasvolgyi Arquitetura
Core Based Wall Reference Line

躯体ベースの壁の基準線

ARCHICAD 17では、より一貫した要素の位置や交差のロジックをサポートするために、壁の基準線オプションが拡張されました。壁の基準線、中心・外側・内側だけでなく、躯体の中心・外側・内側のオプションも選択できるようになりました。
これにより、例えば壁の厚みや材質を変更しても、躯体の接合部は保たれたまま、基準線に対する要素の位置が変更されることはありません。
  • 躯体ベースの壁の基準線の概要
    躯体ベースの壁の基準線の概要
  • 躯体ベースの壁の基準線:基本壁
    躯体ベースの壁の基準線:基本壁
  • 躯体ベースの壁の基準線:複合構造壁
    躯体ベースの壁の基準線:複合構造壁
  • 躯体ベースの壁の基準線:基本壁と複合構造壁の変換
    躯体ベースの壁の基準線:基本壁と複合構造壁の変換
  • 躯体ベースの壁の基準線:位置を保持して壁を反転
    躯体ベースの壁の基準線:位置を保持して壁を反転
  • 躯体ベースの壁の基準線:基準線とオフセットの編集
    躯体ベースの壁の基準線:基準線とオフセットの編集
  • 躯体ベースの壁の基準線:検索と選択および連動一覧表
    躯体ベースの壁の基準線:検索と選択および連動一覧表

スラブの基準面

スラブに基準面を割り当てることで、多くの可能性と使いやすさが実現されます。基準面はスラブの上端・下端だけでなく、複合構造スラブには躯体上端・躯体下端にも割り当てることができます。これにより、スラブの複合構造、厚みを編集しても基準位置の整合性が保たれることになります。
Slab Reference Plane
  • スラブの基準面
    スラブの基準面
  • スラブの基準面:基準面の変更
    スラブの基準面:基準面の変更
  • スラブの基準面:基本スラブと複合構造スラブ間の変換
    スラブの基準面:基本スラブと複合構造スラブ間の変換
  • スラブの基準面:3D表示と3Dの使用
    スラブの基準面:3D表示と3Dの使用
  • スラブの基準面:検索と選択、連動一覧表
    スラブの基準面:検索と選択、連動一覧表
Nautical Museum Nautical Museum | Designed by Nikola Rubic

湾曲梁

水平面上に湾曲した梁を作成することができます。これにより、湾曲した壁に沿って、構造として機能することが可能になります。このような壁/梁の交差部は自動的に断面図で正しく表示されます(ソリッド編集の必要はありません)。
Curved Beams
  • 湾曲梁の作成
    湾曲梁の作成
  • 湾曲梁の修正
    湾曲梁の修正
  • 湾曲梁の穴の作成と修正
    湾曲梁の穴の作成と修正
  • 湾曲梁を使用した通り芯設定の作成
    湾曲梁を使用した通り芯設定の作成
Real-time 3D Cutting Planes

リアルタイムの3D切断面

3Dウィンドウで、1つまたは複数の切断面を使って、どこからでも3D切断面を作成することができます。あらゆるフロアの断面や接合部に瞬時にフォーカスすることが可能になります。3D編集プロセスはもちろん、3Dウィンドウでモデルの必要な部分のみを表示させることによって、大規模で複雑なモデルの可視化も大いに改善されます。
  • 平面図での3D切断の作成
    平面図での3D切断の作成
  • 3Dウィンドウ内での3D断面図の作成
    3Dウィンドウ内での3D断面図の作成
  • 断面図での3D切断の作成
    断面図での3D切断の作成
  • カスタム3D切断平面の作成
    カスタム3D切断平面の作成
  • 3D切断面の回転
    3D切断面の回転
  • 3D切断面の方向の反転、切断面の非表示と削除
    3D切断面の方向の反転、切断面の非表示と削除

断面図・立面図での要素編集

ARCHICAD17では、より自然に、そして効率よくデザインをするために、断面図・立面図での要素編集をサポートします。平面図ウィンドウと同じく、移動コピー、ミラー、ミラーコピー、連続コピー、連続移動コピーなどの編集機能が使用できます。そしてさらに、高度による配置フロア認識により、コピーされた要素の配置フロアは自動的に設定されます。
これにより、デザイナーはどのモデルビューでも同じ感覚で作業ができ、自然なワークフローで、より設計に集中することができます。
断面図・立面図での要素編集

More Features

  • ゾーンの作成と編集操作の強化
    ゾーンの作成と編集操作の強化
  • PDF/Aのサポート
    PDF/Aのサポート
  • ARCHICADモデルのSTL形式へのエクスポート
    ARCHICADモデルのSTL形式へのエクスポート