<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1448080545465057&ev=NoScript" />

施工BIMで無駄なく生産性の高い現場を実現

BIMを活用することで、施工段階においても生産性や安全性の向上などさまざまなメリットを得ることができます。施工BIMに最適化されたワークフローで、生産性の高い現場の実現をサポートします。

発注者・設計者・施工関係者との「もの決め検討」、
「納まり確認」を円滑に

迅速に合意形成する

発注者、設計者とのもの決め検討の段階では、BIMモデルを自由な角度で確認することでわかりづらい箇所も視覚的に確認できます。建物内を歩き回ったり、またVRを活用することもできます。施工関係者の間でも、納まりや取り合いなどの確認がスムーズになり、迅速な合意形成が可能になります。

詳しく見る

BIMをベースにした協力会社との連携による問題の早期発見で

現場の手戻りを削減する

協力会社それぞれのモデルを合わせて確認することで、不整合を事前に発見できます。配管などの取り合いを、平面図や断面図を見ながら2次元で見つけることは容易ではありません。「干渉チェック機能」を使えば、精度が高く、迅速な検証が可能になります。また、各関係者間での情報共有もスムーズになります。

詳しく見る

同一モデルを仮設計画、数量算出、
施工図作成などに活用して

さまざまな業務を効率化する

足場や重機などの仮設計画用のオブジェクトを使用して、施工性や安全性の確認など、わかりやすく関係者間で情報共有できます。BIMモデルには部材の情報を格納できるため、数量算出も可能です。また、施工図作成も「増し打ち」などの日本ならではの概念にも対応しており、「詳細寸法自動作成ツール」を使用すれば、作図時間が大幅に短縮されます。

詳しく見る

設計業務に集中できます

使いやすいUI、充実の学習コンテンツでスムーズに習得

直感的な操作性で導入時の習得もスムーズに

ARCHICADは、設計者の思考に沿って、難しい設定なしで直感的に使用できるよう設計されています。習得も早く、ワークフローの変化に伴う業務の停滞を最小限に抑え、新しい、効率的な環境での仕事をスムーズに始められます。

Windows、Macどちらでも
ご使用になれます。

学習コンテンツ、TIPS、ナレッジセンター

ARCHICADが提供するBIMワークフローを最大限に活用いただくためのコンテンツをご用意しています。

トレーニングドキュメント How to use ARCHICAD ナレッジセンター

ARCHICADは多くのお客様に活用されています

導入事例

BIMの導入を徹底サポート!

GRAPHISOFT VIPサービス

保守サービスであるVIPserviceは、加入者専用webサイトのご利用をはじめトレーニング、サポート、プロテクトキー交換サービスなど各種のサービスを提供しています。

詳しくはこちら