FM

BIMの活用範囲が広がりつつあるなか、BIMのデータベースをファシリティマネジメントと連携させることによりBIMのメリットをさらに生かせます。

OPEN BIMパートナー

archifm.net 連携:アドオン 株式会社シェルパ

archifm

「archifm.net」は、エリア管理、資産管理、テナント管理、突発メンテナンス、定期メンテナンス、レポートなど一般的なCAFM/CMMS(コンピューター支援ファシリティマネジメント/設備維持保全管理システム)に関するすべての機能が含まれています。 「archifm.net」は、クラウドに対応したWebアプリケーションのため、ソフトウェアやハードウェアの環境構築や管理上の負担をかけずに、ただちにファシリティマネジメント業務にご利用いただくことができます。また、自社環境に導入することも可能です。

ARCHICADとの連携について

「archifm.net」は、ARCHICADとの連携機能により、ARCHICADモデルのBIMデータをファシリティマネジメントに活用することができます。既存の建築モデルから膨大な情報を取得し、データベースに初期データを迅速に取り込むことができる一方、グラフィックデータの基礎としてARCHICADモデルを活用することが可能になります。archifm.netとARCHICADは非常に密接に連携しているため、ARCHICADのメニューからarchifm.netを起動することができるとともに、データ変更は双方向で可能です。

archifm.net製品サイト