CINEMA 4D Exchange アドオン for ARCHICAD

Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 21


ダウンロード

Download Windows 64-bit Mac OSX 最終更新日
Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 21
71.6 MB

67.6 MB
Sep 26, 2017

Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 20


ダウンロード

Download Windows 64-bit Mac OSX 最終更新日
Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 20
68.0 MB

67.2 MB
Sep 28, 2016

Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 19


ダウンロード

Download Windows 64-bit Mac OSX 最終更新日
Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 19
59.3 MB

6.97 MB
Sep 16, 2014

Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 18


ダウンロード

Download Windows 64-bit Mac OSX 最終更新日
Cinema 4D Exchange アドオン for ARCHICAD 18
62.5 MB

6.7 MB
Sep 16, 2014

Cinema 4D R12/R13/R14 アドオン for ARCHICAD 17


ダウンロード

Download Windows 64-bit Mac OSX 最終更新日
Cinema 4D R12/R13/R14 アドオン for ARCHICAD 17
13.2 MB

6.7 MB
Oct 11, 2013

CINEMA 4D R12/R13 アドオンfor ARCHICAD 16

1.下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R12 アドオン for ARCHICAD 16のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2.ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD 16のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

注意: 
Cinema 4D R12/R13 のプログラムはARCHICAD 16に対応済みです。Cinema 4D R12/R13内で設定する必要はありません。

CINEMA 4D R12/R13 アドオンfor ARCHICAD 15

1.下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R12 アドオン for ARCHICAD 15のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2.ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD15のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

注意: 
Cinema 4D R12/R13 のプログラムはARCHICAD 15に対応済みです。Cinema 4D R12/R13内で設定する必要はありません。

CINEMA 4D R11/11.5 アドオンfor ARCHICAD 15

1.下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R11/11.5 アドオン for ARCHICAD 15のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2.ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD15のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

3.下記のリンクからCinema 4D 11 / 11.5 アドオンver.をダウンロードし、完了後、解凍し、CINEMA 4Dのアドオンフォルダに保存して下さい。

インストール後はARCHICADのヘルプメニューまたはドキュメントフォルダにユーザーマニュアルをご覧頂けます。

注意: Cinema 4DのARCHICAD 14用アドオンはマクソンコンピュータにて開発されています。
サポートは こちら
Windows 32/64 bit Mac intel
ARCHICAD 14 plug-in for Cinema 4D 11/11.5 ダウンロード ダウンロード

 

4.オプション機能:ACMerge pluginfor CINEMA 4D 11をダウンロード、インストールして下さい。このアドオンは、シーンの更新と、データ変換機能を拡張します。このファイルには、適用済みの変更を失うことなく、エクスポートされたファイルの、新しいバージョンでCinema4Dにて更新されます。

インストール:

*CINEMA 4DのアップデートがVersiong 11.027またはそれ以降であることを確認してください。
*ACMerge pluginをダウンロード
*CINEMA 4Dにて[ヘルプ/メニュー/マニュアルのインストール]を選択します。

*重要:CINEMA 4D 11.5 ACMergeアドオンはパッケージの一部です。

CINEMA 4D R12 アドオン for ARCHICAD 14

1. 下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R12 アドオン for ARCHICAD 14のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD14のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

注意: 
Cinema 4D R12 のプログラムはARCHICAD 14に対応済みです。Cinema 4D R12内で設定する必要はありません。

CINEMA 4D R11/11.5 アドオン for ARCHICAD 14

1. 下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R11/11.5 アドオン for ARCHICAD 14のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

 

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD14のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

3. 下記のリンクからCinema 4D 11 / 11.5 アドオンver.をダウンロードし、完了後、解凍し、CINEMA 4Dのアドオンフォルダに保存して下さい。

インストール後はARCHICADのヘルプメニューまたはドキュメントフォルダにユーザーマニュアルをご覧頂けます。

注意: Cinema 4DのARCHICAD 13用アドオンはマクソンコンピュータにて開発されています。
サポートはこちら
Windows 32/64 bit Mac intel
ARCHICAD 14 plug-in for Cinema 4D 11/11.5 
(version 1.41)
ダウンロード ダウンロード

 

4. オプション機能:ACMerge plugin for CINEMA 4D 11をダウンロード、インストールして下さい。このアドオンは、シーンの更新と、データ変換機能を拡張します。このファイルには、適用済みの変更を失うことなく、エクスポートされたファイルの、新しいバージョンでCinema4Dにて更新されます。

インストール:

*CINEMA 4DのアップデートがVersiong 11.027またはそれ以降であることを確認してください。
*ACMerge pluginをダウンロード
*CINEMA 4Dにて[ヘルプ/メニュー/マニュアルのインストール]を選択します。

*重要:CINEMA 4D 11.5 ACMergeアドオンはパッケージの一部です。

CINEMA 4D R11/11.5 アドオン for ARCHICAD 13

1. 下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R11/11.5 アドオン for ARCHICAD 13のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

 

Windows 32/64 bit Mac intel
ダウンロード ダウンロード

インストールにあたり、こちらのリリースノートをお読みください。

2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD13のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

3. 下記のリンクからCinema 4D 11 / 11.5 アドオンver.をダウンロードし、完了後、解凍し、CINEMA 4Dのアドオンフォルダに保存して下さい。

Windows 32/64 bit Mac intel
ARCHICAD 13 plug-in for Cinema 4D 11/11.5 
(version 1.33)
ダウンロード ダウンロード

インストール後はARCHICADのヘルプメニューまたはドキュメントフォルダにユーザーマニュアルをご覧頂けます。

注意: Cinema 4DのARCHICAD 13用アドオンはマクソンコンピュータにて開発されています。
サポートはこちら

CINEMA 4D R10 アドオン for ARCHICAD 11

1. 下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R10 アドオン for ARCHICAD 11のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

  Windows 32/64 bit Mac PPC Mac intel
Read Me ダウンロード ダウンロード ダウンロード


2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD12のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

3. 下記のリンクからCinema 4D 10.5/ 11 アドオンver.をダウンロードし、完了後、解凍し、CINEMA 4Dのアドオンフォルダに保存して下さい。

Windows 32/64 bit Mac PPC Mac intel
ARCHICAD 12/13 plug-in for Cinema 4D 11/11.5 ダウンロード ダウンロード ダウンロード

 

インストール後はARCHICADのヘルプメニューまたはドキュメントフォルダにユーザーマニュアルをご覧頂けます。

注意: Cinema 4DのARCHICAD 13用アドオンはマクソンコンピュータにて開発されています。
サポートはこちら

CINEMA 4D R10.5/11 アドオン for ARCHICAD 12

1. 下記のリンクからWindows/Mac版のCinema 4D R10.5/11 アドオン for ARCHICAD 12のインストーラーファイルをダウンロードして下さい。

  Windows 32/64 bit Mac PPC Mac intel
Read Me ダウンロード ダウンロード ダウンロード


2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICAD12のアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

3. 下記のリンクからCinema 4D 10 アドオンver.をダウンロードし、完了後、解凍し、CINEMA 4Dのアドオンフォルダに保存して下さい。

Windows 32/64 bit Mac PPC Mac intel
ARCHICAD 11 plug-in for Cinema 4D 10 ダウンロード ダウンロード ダウンロード

インストール後はARCHICADのヘルプメニューまたはドキュメントフォルダにユーザーマニュアルをご覧頂けます。

注意: Cinema 4DのARCHICAD 13用アドオンはマクソンコンピュータにて開発されています。
サポートはこちら

※「Cinema4D」はマクソンコンピュータの商品です。
製品の詳細な情報は下記マクソンコンピュータのwebサイトをご覧ください。

リリースノート

インストール

  1. Cinema 4Dアドオンfor ARCHICADのインストーラーをダウンロードして下さい。
  2. ダウンロードが完了したらインストーラーよりARCHICADのアドオンフォルダーにインストールを開始して下さい。

互換性

Cinema 4Dアドオン R12/R13は32、64ビットプログラムのバージョンと互換性があります。

制限事項

インポート時の制限
CINEMA 4DからARCHICADへのローディング、c4dファイルの併合、自由変形:

  • インポートプロセス中に材質や形状のデータのみが変換されています。
  • CINEMA 4DはARCHICADより、素材に対して多くの設定が可能です。直接または間接光、輝度、透明性など、影響を受ける材質の視覚効果を設定するための多くのパラメーターがあります。いくつかの変換が可能ですが、一方で、ARCHICADのレンダリングエンジンによって認識することができないパラメーターも存在します。これらは無効となります。
  • CINEMA 4Dはまた、レンダリングの間に計算されるアルゴリズムに基づくテクスチャーを提供します。これらのアルゴリズムがARCHICADで実装されない間、これらは変換されません。変換が可能な唯一のテクスチャは、画像ファイル(jpg/png/bmp)からロードされるビットマップです。CINEMA 4Dテクスチャが多くの設定(輝度、透明度のように)に適用が可能な一方、ARCHICADはオブジェクト色を決定するためにだけテクスチャを使うので、非色材料特性に適用されるとき、ビットマップテクスチャーも変換の際、無効となります。

    ARCHICAD 材質は最初の出力時にCINEMA 4D マテリアルに変換され、CINEMA 4D マテリアルは全ての再変換時にARCHICAD 材質に変換されます。 ARCHICAD およびCINEMA 4D では材質のモデリング手法が異なるため、変換でデータが失われる場合もあります。 ただし、オブジェクトを一度CINEMA 4D で編集あるいは作成し、GDLオブジェクトに変換した場合、GDL オブジェクトのパラメーターはCINEMA 4D マテリアル設定を含むため、以降の自由形状編集過程ではデータが失われることはありません。

  • ARCHICAD およびCINEMA 4D ではテクスチャの投影方法が異なりますが、投影は出力時に変換されます。 CINEMA 4D ポリゴンオブジェクトにはUVW マッピング情報も保存されているので、変換されたテクスチャ投影が適切でない場合、オブジェクトのテクスチャタブの投影で[UVW マッピング] を選択して下さい。 
    ARCHICAD でソリッドとして扱われるオブジェクトでは、UVW マッピングではなく投影テクスチャを使用して下さい。ソリッド編集を行っているGDL オブジェクトのテクスチャは投影の場合にのみ正しく表示されます。作成したオブジェクトがARCHICAD でソリッド編集されない場合、UVW マッピングテクスチャを使用して、再変換されたGDL オブジェクトのモデル動作設定で[ テクスチャを保持] を選択します。

エキスポート時の制限 
ARCHICADからCINEMA 4Dへの3Dビューの保存、自由変形:

エキスポートのプロセスの間に、3Dジオメトリーデータ、材質、明りと3Dビューのみが変換されます。

  • CINEMA 4D Add-on設定にて、要素グループオプションから『クラス別』を使用の際、すべてのテクスチャ投影はエキスポートの際、変換されます。しかし、2つのプログラムのテクスチャ投影アルゴリズムの違いのため、ARCHICAD上と同じように、CINEMA 4Dのいくつかの投影は表示されません。この状況を避けるために、エキスポートされたUVマッピング情報を使用する必要があります。『材質別』のオプションを使用の際は、オブジェクト階層のため、UVデータのみがエキスポートされているので、このオプションは速いレンダリング作業だけのために使用することを推奨します。