GRAPHISOFTダウンロードセンターでは、最先端のBIM/建築3D CADソフトであるARCHICADをはじめ、BIMガイドラインや、ARCHICAD Magicなどのトレーニング教材、アドオンなどのダウンロードをご案内します。

カテゴリをお選びください
  • 製品
  • トレーニングドキュメント
  • アドオン
  • オブジェクト
  • License Manager Tool
  • その他

ARCHICAD 最先端のBIM/建築CADソリューション

ARCHICADのインストーラをダウンロードいただくと、インストール時に以下の4つの方法をお選びいただけます。用途に合わせてインストールください。

既にご購入済みのお客様

商用版インストール

既にご購入いただいているお客様、VIPサービスにご加入のお客様はこちらのインストール手順をご覧ください。

30日間じっくり試してみたい方

体験版インストール

MYARCHICAD.COMにご登録いただくと、プロジェクトを保存しながら、30日間すべての機能をじっくりお試しいただけます。インストール手順はこちらからご確認ください。

いますぐ試してみたい方

デモ版インストール

デモ版ではインストール後すぐにお試しいただけます(データの保存はできません)。インストール手順はこちらからご確認ください。

学生・教員・学校法人の方

学生・教員・学校版インストール

学生の方は無償でARCHICADをご利用になれます。インストール手順はこちらからご確認ください。

ARCHICAD 20カタログダウンロードはこちら

BIMx 革新的なBIMコミュニケーションツール

クラウドへの接続が拡張され、より使いやすく

BIMx -究極のBIMプレゼンテーションアプリケーション- BIMx Hyper-modelは2D、3Dの建築プロジェクトの統合されたナビゲーションを可能にする独自の技術*を備えており、複雑な3Dモデルや大規模な2Dのドキュメントを持つプロジェクトにおいても、スムーズな操作と優れたパフォーマンスを実現します。

ダウンロードはこちらから Available on the App Store Android App on Google Play

BIMxの詳しい情報はこちら
BIMx製品ページへ

デスクトップビューワーはこちら
ダウンロードページへ

BIMx in action

BIM serverチームワークコラボレーション

世界中のどこからでもリアルタイムの共同作業

革命的なDELTA- serverテクノロジーにより、変更された要素のみがクライアントおよびサーバー間で送信されます。平均的なデータパッケージサイズがメガバイト (MB)からキロバイト(KB)の単位に縮小され、チームメンバーは世界中のどこからでも一般的なインターネット接続によりBIMモデル上でリアルタイム な共同作業ができます。

ダウンロードはこちらから MyArchiCAD.com

BIM serverの
詳しい情報はこちら

BIM server製品ページへ

BIMx in action

MEP Modeler設計者のためのモデリングツール

整合性の誤りを解消し、スムーズなプロジェクト進行を

MEP(機械/電気/配管)Modelerは、ARCHICAD/ARCHICAD Soloのアドオンソフトウェアです。ARCHICADを使用している建築家や建設会社の設計部門はMEP Modelerを使って3DMEPネットワーク(ダクト、配管、ケーブルトレー)の作成、編集、取り込みや、これらの調整をARCHICAD BIMにより行うことが可能です。

ダウンロードはこちらから MyArchiCAD.com

MEP Modelerの
詳しい情報はこちら

MEP Modeler製品ページへ

MEP modeler

Solibri Model CheckerBIMの品質管理にはSolibri Model Checker

設計プロセスの生産性を高めるソリューション

OPEN BIMをコンセプトとしたBIMアプリケーションがIFCフォーマットを介して互換性を高める中、Solibri Model Checkerはそのプロセスを利用し、これまで人手で行っていた検図業務を3次元モデルにより自動で検図するシステムです。企画・設計・施工・維持管理のワークフローにおけるあらゆるシーンで意匠・構造、または設備モデルが存在します。

体験版ダウンロードはこちらから Solibri Model Checker

Solibri Model Checkerの
詳しい情報はこちら

Solibri Model Checker
製品ページへ

Solibri Model Checker

Artlantisリアルなシミュレーションを可能にするレンダリングアプリケーション

コンセプトドローイングからフォトリアルへ

Artlantisは3次元プロジェクトに必要な機器と照明効果のリアルなシミュレーションを可能にする最も高度かつ効率的な機能が統合されています。 Artlantisは80ヶ国以上の85,000以上の建築家、デザイナー、インテリアデザイナー、都市プランナー、ランドスケープデザイナーに選ばれたスタンドアロンのレンダリングアプリケーションであり、2種類のバージョンがあります。

デモ版ダウンロードはこちらから Artlantis

Artlantisの
詳しい情報はこちら

Artlantis製品ページへ

Artlantis

ARCHICAD BIMガイドラインすべてのARCHICADユーザのためのガイドライン

モデルの構築から図面への展開をわかりやすく解説

『ARCHICAD BIMガイドライン』は、従来の2次元図面を利用した設計ワークフローからBIMを活用した設計ワークフローに移行する際の作成要綱や手順を、実際の設計者による蓄積されたノウハウを基に、すべてのARCHICADユーザが利用できるようにまとめられたガイドラインです。標準的な納まりを揃えた架空の建物をベースに、モデルの構築から図面への展開をわかりやすく解説しています。

ダウンロードはこちらから ARCHICAD BIMガイドラインダウンロード

ARCHICAD BIMガイドラインの詳しい情報はこちら
ARCHICAD BIMガイドラインページへ

MEP modeler

ARCHICAD MagicARCHICAD初心者のための入門書

短時間でARCHICADの概要を理解

ARCHICAD初心者のための入門書「ARCHICAD Magic」は、模型と呼んでも良いくらいの簡略化した建物を例にしたチュートリアル形式のテキストです。 学生の方や教育機関だけでなく、"初めてARCHICADに触れる"方にも、短時間でARCHICADってこんなにカンタンなんだ!ということを感じていただける1冊です。

ARCHICAD 20対応Magic Vol.2は10月末の提供を予定しております。

ダウンロードはこちらから ARCHICAD Magic Vol.1
ダウンロード

ARCHICAD Magic Vol.2
ダウンロード

ARCHICAD Magicの詳しい情報はこちら
ARCHICAD Magicページへ

MEP modeler

木造トレーニングガイド基本操作、実務で使えるさまざまなテクニック

木造住宅のBIMモデル作成から図面作成まで

[基本設計モデリング編][基本設計図面作成編][軸組/詳細図編]から構成されておりARCHICADを使った木造住宅のBIMモデル作成から図面作成のステップを基本操作から実務で使える、さまざまなテクニックがマスターできます。木造トレーニングガイド[基本設計モデリング編]を1ステップずつ入力していくことで、ARCHICADを使った木造住宅のBIMモデル作成から図面作成のステップをマスターできます。普段2次元CADで建築の図面をかいているユーザーを対象に、BIMらしい操作、BIMらしい建築設計の手法をていねいに解説します。基本操作から実務まで使えるさまざまなテクニックを入力方法の解説を含めているので、すでにARCHICADをご利用いだだいてる方にも満足いただける内容となっています。

ARCHICAD 20対応木造トレーニングガイドは10月末の提供を予定しております。

ダウンロードはこちらから
01 基本設計モデリング編
ダウンロード

02 基本設計図面作成編
ダウンロード

03 軸組モデリング編
ダウンロード

MEP modeler

ARCHICAD サンプルプロジェクトプレゼンテーションから実施設計まで

基本設計から実施設計までの図面をBIMモデルから作成

このサンプルデータでは、プレゼンテーション、基本設計から実施設計までの図面をBIMモデルから作成するプロセスをご覧いただけます。

コンセプト
環境サイクル
雨といプランターで構成されたグリーンルーバー、太陽の日射と空気の循環を考慮したトラス構成が緑あふれるアトリウム空間を形成
生活サイクル
空調設備・電気設備をダブルスラブによる設備スペースに集約することで空間を形成
建築サイクル
建築部材の他用途転用、環境に配慮した素材、建築計画から施工運営を想定とした3次元建築体制環境・生活・建築の各サイクルとの共存・調和をめざしたエコロジーなオフィスの形。

ダウンロードはこちらから ARCHICAD サンプルプロジェクトダウンロード

ARCHICAD サンプルプロジェクトの詳しい情報はこちら
ARCHICAD サンプルプロジェクトページへ

sample project

GDL リファレンスガイド

このマニュアルではグラフィソフト社が独自に開発した GDL (Geometric Description Language - 幾何記述言語) に関する全容を説明しており、組み立てツールやオブジェクトライブラリの機能を拡張するためのものとなっています。また、GDL の詳細(構文定義、コマンド、変数等)を説明しています。
ダウンロードはこちらから
GRAPHISOFT HelpcenterでGDL リファレンスガイドを見る

IFCロゴ

IFCダウンロード


IFC (Industry Foundation Classes) の標準によって、ARCHICADの建物モデルを構造・設備・解析等のソフトウェアとデータの連携が可能になります。
IFCダウンロード詳細>>

Shadow Planner画像

日影規制チェックツール
Shadow Planner


『Shadow Planner』は、プランニング時における日影規制のチェックを行うための、ARCHICADのアドオンソフトウエアです。
Shadow Plannerの詳細≫
※『Shadow Planner』は生活産業研究所株式会社が提供する、無償版のARCHICADアドオンソフトウエアです。

求積ツール Light for ARCHICAD画像

求積ツール Light for ARCHICAD


設計業務の中で大きなウェイトを占めていた求積作業を効率化する ARCHICADのアドオンシステムで、入力済の3D建物モデルや2D図面から、簡単な操作で面積計算を効率的に行うことができるツールです
求積ツール Light for ARCHICADの詳細>>
※求積ツールは生活産業研究所株式会社が提供する製品です。

Artlantis アドオンロゴ

Artlantis アドオンアップデート


通常ARCHICAD18 / ARCHICAD18 Soloでは、既にArtlantis 5(Studio / Render)用の 「Artlantis Exportアドオン」がインストールされています。 しかし、アドオンが更新された場合には、新しいバージョンのアドオンをインストールすることをお勧めいたします。
Artlantisアドオン・アップデート 詳細≫

 SS3 Converter for ARCHICAD

SS3 Converter for ARCHICAD


「SS3 Converter for ARCHICAD」はARCHICADで作成したBIMモデルを一貫構造計算ソフトウェア Super Build / SS3にエクスポートするためのアドオンソフトです。
SS3 Converter for ARCHICADの詳細≫
「Super Build / SS3」はユニオンシステム株式会社が提供する商品です。

BIMcomponents.com

BIMcomponents.com


クラウドベースのARCHICADに統合されたコミュニティデータベースは、何万にもおよぶGDL要素を一カ所に集め、直接アクセスすることを可能にします。ユーザー、GDL開発者、メーカーなどによって新しい要素が継続的に追加されていきます。
BIMcomponents.com はこちら≫

VIPservice

VIPservice


VIPserviceでは、多くのユーザーの方から特に要望の多いGDLオブジェクトを作成し、提供しています。VIPserviceでは、お客様のニーズに合わせて、ARCHICADの基本的な操作や実践的なTipsはもちろん、各種アドオンやツールなど、BIMを実現するための幅広いサポートを提供いたします。
VIPservice 詳細≫

TOTO ライブラリ

TOTO ライブラリ


「TOTO Library」は、ARCHICADで使用できる TOTO商品の GDLオブジェクト です。オブジェクトには、『建築専門家のための情報サイト「COM-ET」』上の URLの記載があり、仕様詳細を確認できます。オブジェクトは 3Dモデル及び、 平面、立断面の表現を切り変えることができ、3Dモデルの作成だけではなく、 平面図や立断面図の作成にも使用できます。また、商品情報も含まれているた め、ARCHICAD上の一覧表で確認できます。
TOTO ライブラリ 詳細≫

License Manager Tool


License Manager Toolは、プロテクションキー上のGRAPHISOFT製品のライセンスを管理することができるソフトウェアツールです。
License Manager Tool ダウンロード≫

Java


GRAPHISOFT製品のインストール、アンインストールの際に、ARCHICADのバージョンとバンドルされたJavaのバージョンが必要になることがあります。GRAPHISOFT製品のインストール、アンインストールが完了したら、最新のJavaにアップデートすることをお勧めします。 Javaの最新バージョンは下記ページからダウンロードいただけます。
Java ダウンロード≫