ARCHICAD 21 製品発表会

ARCHICAD 21 製品発表会

Charles Perkins Centre, Australia fjmt | francis-jones morehen thorp https://fjmtstudio.com Photo © Keira Yang Zhang

ARCHICAD 21では、これまで多くのご要望をいただいていた、「階段ツール」がPredictive Design™技術(特許出願中)を搭載して実装されました。その他にも視覚化、OPEN BIM、生産性においてGRAPHISOFTの歴史の中で最も強力なバージョンといえる機能改善を提供します。

ARCHICAD 21 新機能

階段ツールと手摺りツール

階段ツール

階段の設計は、建築における最も複雑な作業の1つです。ARCHICAD 21で実装された階段ツールは、建物の要件に最適な階段設計を提供します。

手摺りツール

階段、スラブ、壁、屋根もしくはメッシュに対して複雑な手すりをつけることができます。

IFCホットリンク

構造や設備のエンジニアが作成した外部のIFCモデルコンテンツは、保護された参照コンテンツとして、ホットリンクでARCHICADのプロジェクト内に配置できます。

要素の分類

ARCHICADの設計モデルは、プロジェクトにおけるすべてのデータを格納し、プロジェクトの関係者がアクセスできるBIMデータベースといえるでしょう。

干渉検出

BIMのデファクトスタンダード化に伴い、設計者がBIM形式での情報を受け取る機会がますます増えてきています。設計者がBIMモデルを管理するために、干渉検出ではユーザー定義の基準セットを使用して、2つの要素グループを比較できます。

さまざまな生産性向上のための新機能

階高の異なる建物のホットリンク、断面図範囲の視覚的調整、寸法機能の強化、自動テキストラベル、カーテンウォールを立面図で編集、スマートなパラメータ転送、連続コピーの強化、3Dスタイル、レンダリングエンジンの更新 など

開催概要 | お申込み

東京会場

日時
2017年9月5日(火) 10:00~17:40 (9:30開場)
会場
JP TOWER Hall & Conference
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー 4階
定員
400名
参加費
無料

大阪会場

日時
2017年9月7日(木) 13:00~17:40 (12:30開場)
会場
ANAクラウンプラザホテル大阪
大阪市北区堂島浜 1-3-1 ANAクラウンプラザホテル大阪 3F
定員
300名
参加費
無料

昨年の様子

ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会の様子
ARCHICAD 20 製品発表会レポート1

プログラム

「ARCHICAD 21」製品発表会
『STEP UP YOUR BIM』

東京会場
9:30 - 10:00

開場

10:00 - 10:30

ご挨拶
グラフィソフトジャパン株式会社 代表取締役
コバーチ・ベンツェ

10:30 - 12:00 GRAPHISOFT OPEN BIM Solution

グラフィソフトジャパン株式会社
BIMインプリメンテーションディレクター
飯田 貴
12:00 - 13:30 休憩
13:30 - 14:00 基調講演
BIMとの付き合い方いろいろ

前田建設工業株式会社
建築事業本部 企画・開発設計部 BIM設計グループ
グループ長
綱川 隆司氏
14:00 - 14:30 基調講演
鉄骨階段専門BIM-CADシステム Powered by ARCHICAD(仮)

株式会社 横森製作所
技術部 設計技術課
課長
島崎 建輔氏
14:30 - 15:30 基調講演
-Crafting Spaces using parametric tools-

Weijenberg Pte Ltd
Director
Camiel Weijenberg氏
15:30 - 16:10 休憩
16:10 - 17:30 ARCHICAD 21 プレゼンテーション

グラフィソフトジャパン株式会社
プロダクトマネージャー
トロム・ペーテル
17:30-17:40 ARCHICAD Service Award 表彰
大阪会場
12:30 - 13:00

開場

13:00 - 13:30

ご挨拶
グラフィソフトジャパン株式会社 代表取締役
コバーチ・ベンツェ

13:30 - 14:00 基調講演
BIMとの付き合い方いろいろ

前田建設工業株式会社
建築事業本部 企画・開発設計部 BIM設計グループ
グループ長
綱川 隆司氏
14:00 - 14:40 休憩
14:40 - 15:10 基調講演
鉄骨階段専門BIM-CADシステム Powered by ARCHICAD(仮)

株式会社 横森製作所 技術部 設計技術課
課長
島崎 建輔氏
15:10 - 16:10 基調講演
-Crafting Spaces using parametric tools-

Weijenberg Pte Ltd
Director
Camiel Weijenberg 氏
16:10 - 16:20 休憩
16:20 - 17:40 ARCHICAD 21 プレゼンテーション

グラフィソフトジャパン株式会社
プロダクトマネージャー
トロム・ペーテル
プログラム終了後、東京会場(17:30-19:30)、大阪会場(18:00-20:00)共に懇親会を予定しております。講演者の方とのご歓談、またお客様同士の情報交換に最適の場となっております。ぜひお立ち寄りくださいませ。【参加費無料】

基調講演 講演者プロフィール

綱川 隆司氏

前田建設工業株式会社
建築事業本部 企画・開発設計部
BIM設計グループ グループ長
綱川 隆司氏

 

埼玉県出身、1969年5月11日生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。 専門は建築設計(意匠)。1993年、前田建設工業株式会社入社、建築設計部に配属。2001年より3次元CADによる建築設計に従事、2017年よりBIMマネージメントセンター センター長。ARCHICADを始めとするBIMを用いた建築設計・監理業務を行っており、主なプロジェクトとして、住田町役場(第57回BCS賞)、福島給食センターがある。社内のBIM教育を行う傍ら、仮想コンペBuild Live Japan(一般社団法人buildingSMART Japan主催)にチーム スカンクワークスとして毎年参加、2016年はbuildingSMART大賞受賞。

島崎 建輔氏

株式会社 横森製作所
技術部 設計技術課 課長

島崎 建輔氏

 

鉄骨階段メーカーである横森製作所の設計業務に20年従事。その後、技術部にて製品仕様の開発、改良や、設計業務改善などの業務に携わる。現在は鉄骨階段作図システムの刷新で、Archicadをベースとした鉄骨階段BIM-CADシステムの開発及び、社内での運用推進に取り組んでいる。BIMツールをベースに、鉄骨階段は物件毎に一品生産となるため、更なる作図、生産効率の向上を目指している。

Camiel Weijenberg氏

Weijenberg Pte Ltd
Director

Camiel Weijenberg 氏

 

オランダ出身の建築家Camiel Weijenberg氏は、WEIJENBERGの創設者であり取締役。Architectural Association (AA) Londonで技術研究、Wood & CarpentryをCollege Amsterdamで学ぶ。 Weijenberg氏のその華々しいキャリアは、ロンドンのZaha Hadid Architects 、Wilkinson Eyre Architectsでアーキテクトとして始まり、2013年、SingaporeでのWEIJENBERG設立に至る。現在、Singapore University of Technology and Designにて、革新的な高層住宅やサステイナブルデザインと技術の融合に関する草分け的な研究をMITと共同で行っている。 2017年、Perspective Global’s‘40Under40’建築賞を受賞、次世代の建築シーンをリードする存在として認識されている。

出展企業一覧(随時追加)

株式会社 日本HP
DELL
マクソンジャパン株式会社
NVIDIA Japan
株式会社U’sFactory
株式会社アプリクラフト
株式会社エスエスアイラボ
株式会社ソフトウェアクレイドル
株式会社ソフトウェアセンター
ユニオンシステム株式会社
株式会社構造計画研究所
生活産業研究所株式会社
株式会社日積サーベイ
株式会社 CADネットワークサービス
株式会社NTTファシリティーズ総合研究所
株式会社アークデータ研究所
株式会社コミュニケーションシステム
レッドスタックジャパン
株式会社ツールズ
株式会社NYKシステムズ
富士通株式会社
株式会社FMシステム
NTTコミュニケーションズ
株式会社ユニマットリック
株式会社シスプロ
建築ピボット
ヒューマンリソシア株式会社
Bluebeam