【レポート】ARCHICAD 17 全国ロードショー 「2D CADはもういらない」

今回のARCHICAD 17全国ロードショー「2D CADはもういらない」は、全国14カ所で開催され、各地で多数の動員数を記録し、大好評のうちに終了しました。
ARCHICAD 17で導入された、「優先度ベースの接続」や新属性「ビルディングマテリアル」など様々な新機能により、実施設計・施工図レベルのドキュメントがかつてない程、簡単に作成することが可能となり、日常的な実務としても、タイトルの通り「2D CADはもういらない」という状況が確立されてきました。

ARCHICAD 17 全国ロードショー 「2D CADはもういらない」

全国各地でARCHICAD 17の全貌を徹底解説し、製品発表会が開催された東京・大阪会場では、ARCHICAD 17をより実践的なレベルで解説致しました。
東京会場では、申込み多数により、早々に申込みを締め切ることとなり、当日は100名以上の方にご来場頂きました。
プロダクトマーケティングのトロム・ペーテルより、プレゼンテーションおよびデモをさせて頂きました、その一部をご紹介します。

開催会場

場所 日程 会場
沖縄 10月4日(金) 沖縄県立博物館・美術館
福岡 10月18日(金) アクア博多
広島 10月29日(火) RCC文化センター
札幌 10月29日(火) ACU Room 1205
神戸 10月30日(水) 三ノ宮研修センター
東京 10月31日(木) TEPIA
横浜 11月7日(木) TKPガーデンシティ横浜 Roo4,5
徳島 11月5日(火) 社団法人 徳島県建築士会 会議室
宇都宮 11月8日(金) コンセーレ
名古屋 11月19日(火) 名古屋ルーセントタワー16F
大阪 11月20日(水) 日本HP 株式会社 
京都 11月21日(木) Conference Room Kyoto
金沢 11月22日(金) TKP金沢ビジネスセンター
仙台 11月29日(金) トラストシティカンファレンス仙台 Room4
ARCHICAD 17 ロードショー 東京会場 東京会場
ARCHICAD 17 ロードショー 大阪会場 大阪会場
ARCHICAD 17 ロードショー 沖縄会場 沖縄会場
ARCHICAD 17 ロードショー 広島会場 広島会場
ARCHICAD 17 ロードショー 名古屋会場 名古屋会場
ARCHICAD 17 ロードショー 札幌会場 札幌会場

モデリング

接続部分 ARCHICAD 17
ビルディングマテリアル

詳細なモデリングのサポート

  • 優先度ベースの接続
    • すべての要素、すべてのモデルビューに対応
  • 新属性 - ビルディング マテリアル
    • 属性を建材ベースで管理
  • 改善された入力方法
    • 壁、スラブ、梁、ゾーン

建築の「材質」・「材料」をベースとした新しい属性、「ビルディングマテリアル」を導入したことによって、接続部分の取り合いが優先度ベースで、自動的に、建築的に正しく収まります。ビルディングマテリアルは、表面の材質、3Dの表示、優先度などを設定することができます。

壁のモデリングの入力方法には、「躯体中心」、「躯体外側」、「躯体内側」が追加され、例えば「躯体中心」に設定することによって、仕上げの厚みが変わっても壁の位置を一つずつ修正する必要がなくなり、スムーズなワークフローが実現されます。

ワークフロー

Element Association to Story Heights
Real-time 3D Cutting Planes

要素の上部リンク

要素の上端を上部フロアにリンクすることが可能になりました。
これによって、設計の初期段階で階高が変わっても、要素が自動的に階高に追随します。

3D切断

建物の内部や詳細を確認したり、打ち合わせなどでも利用することができます。
また、詳細部を3Dで入力する際にも便利です。

見上げ/見下げ

躯体図

3Dドキュメントで見上げ・見下げ設定が可能になりました。
平面図ウィンドウから「3Dドキュメントを作成」することができます。シームレスなワークフローが可能になります。

増し打ちのモデリングが改善され、見上げ・見下げ表現が可能になったことによって、BIM躯体図の作成も実現されました。

パフォーマンス

バックグラウンド処理のサポート

優先度ベースの接続など、本来CPUに負荷のかかる問題を解決するために業界初のバックグラウンド処理が導入されました。

マルチコアCPU利用の最適化によって、さらにパフォーマンスが向上しました。