ニュースリリース

“Step Up Your BIM”
『GRAPHISOFT ARCHICAD 21』を国内リリース

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションを提供するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICAD 20の次期バージョンとして、建築業界をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューションの最新版である『ARCHICAD 21』を2017年9月26日(火)に販売開始することを本日発表いたしました。

最新の『ARCHICAD 21』では、特許出願中のPredictive Design™技術を搭載した階段ツールが実装されています。

「直感的な操作性は、これまでARCHICADの特長として多くのユーザーに支持されてきました。新しい階段ツールは、創造的かつ生産的で楽しいユーザーエクスペリエンスを提供します」とGRAPHISOFTのプロダクトマネジメントディレクター、Peter Temesvariは述べています。この階段ツールはグローバル、もしくは使用する地域の基準に準拠しているかなどの処理をバックグラウンドで行うため、設計者は手間をかけることなく楽しく設計に集中できます。さらに、業界で最高レベルのOPEN BIMワークフローはさらに洗練されたものになり、分野を越えた共同作業もより円滑に進めることが可能となりました。

ARCHICAD 21』のリリースに加え、これまで同様、主に中小の設計事務所・アトリエ事務所等をターゲットとした『ARCHICAD 21 Solo』を、オプション製品として『MEP Modeler for ARCHICAD 21』を同時リリースいたします。また、大量の2D図面、複雑な3Dモデルのプロジェクトにアクセスし、情報共有を可能とするBIMコミュニケーションツールである『BIMx』『BIMx PRO』も引き続きご提供いたします。

ARCHICAD 21の主な機能

1.新しくなった階段ツールと手摺りツール

階段の設計は厳しい基準に準拠しなければならないため、設計においてもっとも手数のかかる作業の一つです。基準と設計意図の合致には無数の作業の繰り返しが必要で、これまでは手作業で行わなければなりませんでした。新しい階段ツールでは、人間工学に基づいた自動検証を同時に行うことで、設計者の創造性を広げます。ARCHICADのアルゴリズムはバックグラウンドで何千もの設計案を検証し、設計者にとって最適な階段設計を提供します。

階段の設計は、シンプルなポリライン入力で配置することで様々な設計オプションから選ぶことができます。設計上の問題を解決するためにいくつかの方法がある場合には、それらを選択肢としてユーザーに提案します。グラフィカルかつ直感的な操作でユーザーは簡単に階段の形状を微調整し、構造部品や仕上げ部品をカスタマイズできます。手摺りツールでは、ワンクリックで階段やその他の建物要素に連動して容易に手摺りを配置できます。さらに支柱やパネルはパターン化することができ、個別にカスタマイズすることも可能です。

刷新された「階段ツール」

刷新された「階段ツール」

 

刷新された「手摺りツール」

刷新された「手摺りツール」

 

階段の入力例

階段の入力例

 

2.CineRenderエンジンの強化

MAXON社のCineRenderは、BIMにフォトリアリスティックなレンダリングを提供します。最新バージョンでは、ライトマッピングとセカンダリグローバルイルミネーションメソッドを導入し、よりリアルで高速なレンダリングを実現しています。

3.要素の分類

ARCHICADの設計モデルは、プロジェクトにおけるすべてのデータを格納し、プロジェクトの関係者がアクセスできるBIMデータベースといえるでしょう。以前のARCHICADのバージョンでは、要素分類の固定セットが提供されていましたが、ARCHICAD 21では、プロジェクトの関係者間での相互運用性を高めるために、利用する地域や企業における基準に基づき、要素やスペースの分類に柔軟に対応します。「要素の分類」は、インテリジェントなOPEN BIMワークフローの中核でもあり、分野間でのこれまでにない高い相互運用性を提供します。また、プロジェクト間においてXMLファイル形式でやり取りができます。

要素の分類

要素の分類

4.IFCモデル参照

IFCファイルを保護された参照コンテンツとしてARCHICADプロジェクトにホットリンクとして配置します。モデルフィルタオプションを使用して、参照されるIFCコンテンツの表示を構造またはMEPなどのカテゴリまたは要素の選択によって絞り込むことができます。配置されたIFCモデルのコンテンツは、リンクされたソースファイルから簡単に更新できます。リンクを解除すれば、配置されたIFCモジュールの要素を通常のARCHICAD要素として編集できます。

IFCモデル参照

IFCモデル参照

5.干渉検出

BIMのデファクトスタンダード化に伴い、設計者がBIM形式での情報を受け取る機会がますます増えてきています。設計者がモデルの主な調整役としての役割を果たすために、干渉検出がARCHICAD 21の標準機能となりました。

干渉検出

干渉検出

6.その他新機能

3Dスタイル

3Dスタイル

レンダリング

レンダリング

階高を保持してホットリンク

階高を保持してホットリンク

自動テキストラベル

自動テキストラベル

寸法の改善

寸法の改善

連続コピーの改善

連続コピーの改善

価格・商品構成

ARCHICAD 21 / ARCHICAD 21 Solo

製品構成 メーカー希望小売価格
ARCHICAD 21 レギュラー版
(スタンドアロン版 / ネットワーク版)
720,000円(税抜)
ARCHICAD 21 Solo 295,000円(税抜)

オプション製品

製品構成 メーカー希望小売価格
VIP会員 一般
MEP Modeler for ARCHICAD 21 49,800円(税抜) 89,800円(税抜)

ARCHICAD 21 動作環境

 

Windows

Mac

OS

推奨環境

Windows® 10(64-bit)

Windows® 8.1(64-bit)

注:32-bit OSはサポートされていません。

推奨環境

macOS® 10.12 Sierra

Mac® OS X 10.11 El Capitan

  • Java 8以降が必要です。
  • Mac OS X 10.10 Yosemiteは互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Mac OS X 10.9 Mavericksおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。

CPU

64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。 64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。

RAM

16GB以上推奨、複雑なモデルには32GB以上を推奨 16GB以上推奨、複雑なモデルには32GB以上を推奨

ハードドライブ

SSD(またはFusion Drive)へのインストール推奨。インストールには約5GBの空き容量が必須。プロジェクトごとに10GBの空き容量必須

ディスプレイ

必須: 1440x900 以上を推奨

ビデオカード

Open GL 2.1対応のグラフィックカード。複雑なモデルの操作には1GB以上のRAMを推奨。
※ 推奨ビデオカードの情報は下記のURLをご確認ください。
ARCHICAD 21 推奨ビデオカード

プロテクションキー

ARCHICAD 21を起動するためには、CodeMeterハードウェアキー、もしくはCodeMeterソフトウェアキーが必要となります。
※プログラムのインストールには、DVDドライブが必要になります。
※プログラムアップデート等にインターネット接続環境が必要です。

グラフィソフトジャパンについて

グラフィソフトジャパン株式会社は、建築家のための業界初となるBIMソフトウェアARCHICAD®を提供するGRAPHISOFT® SEの日本法人。GRAPHISOFT® SEは2007年、Nemetschekのグループ会社となる。過去5年間、グラフィソフトジャパンは急激な成長を遂げ、顧客には大手ゼネコン、設計事務所等を持ち、日本でも有数のBIMソリューションプロバイダと認められている。

リリースに関するお問い合わせ先

グラフィソフトジャパン株式会社
マーケティング担当:平野・神原
〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12赤坂ノアビル4階
tel: 03-5545-3800