GRAPHISOFT ArchiCADのBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)を使えば、全ての詳細が保存され、設計者は図面の整合性などを気にすることなく、建物のデザインに集中することができます。世界初のリアルタイムBIMコラボレーション環境を実現した、GRAPHISOFT BIMサーバーなど、さらなる革新的なソリューションによって業界を牽引します。ArchiCADは、Open BIMデザインコラボレーションによってインテリジェントなモデルベースのワークフローを提供し、建設プロセスにおいて劇的な効率化を実現させます。

ArchiCAD BIMコンセプト

平面、立面、断面、3Dのどこからでも編集が可能

ArchiCADでは、全ての図面が正確に整合性を持った設計図書としてシームレスに連動します。図面の変更がリアルタイムで全図面、一覧表に反映され、設計スピード、効率性、正確性を飛躍的に高めます。設計図書の正確性、効率性を維持し、3Dモデルデータから構造図、断面図、立面図、詳細図、建具表、各種リスト、レンダリング、アニメーション、バーチャルリアリティーシーンなど、あらゆる情報を抽出することができます。

Designed by Bond Bryan Architects

包括的なBIMワークフローをサポート

ArchiCADは建築・建設プロセスの初期段階から施工、維持管理まで包括的なBIMワークフローをサポートしています。構造・設備・シミュレーション・解析など、Open BIMで連携する様々なソフトウェアでシームレスに共有できるBIMモデルのシステムを提供しています。これにより、より正確で効率的なプロセスが約束されます。ArchiCADのBIMモデルを使えば、自動的にドキュメントの整合性を維持しながら、いつでも変更を行うことが可能です。

プレゼンテーション

プレゼンテーション

基本設計

基本設計

確認申請

確認申請

実施設計

実施設計

維持管理

維持管理

施工計画

施工計画

構造・設備連携

構造・設備連携

解析・分析

解析・分析

デザイン

デザインのアイデアを自由に追求する建築家は、ドキュメントの精度と品質を損なうことなく理想を突き詰めていくことができます。ArchiCADを使用すれば、自由に形をモデル化し、複雑な要素の変更も適切なビューで自然に行えます。ArchiCADは自由な創作性とBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)の効率性を兼ね備えています。包括的なツールセットはプロジェクトの要件に合わせて創造的なプロセスをサポートします。
ArchiCAD 17は優先順位ベースの包絡、インテリジェントなビルディングマテリアル、そして改善されたモルフツールによって、BIM標準環境におけるモデリング機能が強化されています。クラウドの統合により、BIMモデルを完成させるのに必要なカスタムオブジェクト、コンポーネント、構造などを作成あるいは見つけることができます。GRAPHISOFTは、BIMオーサリングツールに統合されたサスティナブルデザインのための最高のワークフローを提供することで「グリーン」、「環境」に関する革新を続けます。
デザイン
ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

ArchiCADを使用し、3Dビルディングインフォメーションモデルを作成すると、すべての必要な図面や画像が自動的に作成されます。新しい優先順位ベースの包絡、インテリジェントなビルディングマテリアルは断面図(切断塗りつぶし)、3Dビューの材質、建物エネルギー評価の物理的特性における要素とマテリアルの正確な表現表示を可能にします。ArchiCADはリノベーションおよび改修プロジェクトのための標準BIMデザイン、ドキュメンテーションのワークフローを提供しています。ArchiCADのビュー設定の大きな可能性、統合された発行セットの能力と共にその特有の図面処理によって、同じビルディングインフォメーションモデルからプロジェクトにおける多様な図面セット印刷または保存を余分な時間をかけずに確実に行います。

コラボレーション

BIMは設計チームに新しい挑戦を投げかけます。BIMを導入する際に設計者が直面するのは、モデル編集やワークフロー管理での障害です。ArchiCAD 13で、モデルベースのコラボレーションを実現するGRAPHISOFT BIMサーバーが発表されました。業界初のDELTA-server™テクノロジーにより、円滑なネットワークトラフィックを実現し、チームメンバーがリアルタイムでBIMのモデルに同時アクセスすることをサポートします。
Collaboration
Objects

オブジェクト

GDL(幾何記述言語 - Geometric Description Language)は図面に必要な2D CADシンボル、テキスト仕様、3Dモデル、プレゼンテーション、数量計算など、建築要素を記述するために必要なすべての情報が含まれています。無限の可能性を持つ、このGDLによって、数多くのパラメトリックなオブジェクトを利用することができます。