動作環境

Irina Viner-Usmanova Rhythmic Gymnastics Center in the Luzhniki Complex, Moscow, RussiaCPU PRIDE www.prideproject.pro

ARCHICADとARCHICAD Soloの違いは?

ARCHICADとARCHICAD Soloの大きな違いはチームワーク機能(一つのBIMのモデルへの共同アクセス)の有無です。
チームワーク機能はBIMサーバーによって、効率的で革新的なBIMコラボレーションを実現します。
設計チームでBIMを導入される方にはARCHICADをおすすめします。
チームによる共同作業を必要とせず単体(Solo)で作業をされる方には、ARCHICAD Soloをおすすめします。
詳細はARCHICADとARCHICAD Soloの機能比較をご覧ください。

ARCHICAD 23と以前のバージョンとの違いは?

ARCHICAD 23では、改善された各機能で、より優れた設計ワークフローを実現。設計業務のみならず、他分野とのコラボレーションにおいても著しいパフォーマンスと生産性の向上をもたらします。
詳細はARCHICAD機能比較をご覧ください。

BIMcloudは、ARCHICADと別に購入するのですか?

購入する必要はありません。ARCHICADをご購入いただければ、BIMcloud Basicを使用できます。(Soloには含まれません)
詳細はこちら

License Manager Tool 動作環境

License Manager Toolは、プロテクションキー上のGRAPHISOFT製品のライセンスを管理するソフトウェアツールです。
GRAPHISOFT製品のライセンスの管理を行うために必須のソフトウェアツールです。
License Manager Tool 動作環境はこちらをご覧ください。

ARCHICAD 23 動作環境

MacOS® 10.15 Catalinaとは互換性がありますが、推奨していません。ヘルプセンターの詳細情報を必ずご確認ください。
Windows® 8.1以下およびMacOS® X 10.12 Sierra以下はサポートの対象外です。
 

Windows

Mac

OS

推奨環境

Windows® 10(64-bit)

注:32-bit OSはサポートされていません。

推奨環境

macOS® 10.14 Mojave

macOS® 10.13 High Sierra

  • Windows® 8.1(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Windows® 8(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Windows® 7(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Windows® Vistaおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません。
  • Mac OS X 10.12 Sierraは互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Mac OS X 10.11 El Capitanおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。

CPU

64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。 64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。

RAM

16GB以上推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨 16GB以上推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨

ハードドライブ

SSD(またはFusion Drive)へのインストール推奨。インストールには約5GBの空き容量が必須。プロジェクトごとに10GBの空き容量必須

ディスプレイ

必須: 1920 x 1080 以上の解像度

グラフィックカード

Open GL 4.0対応のグラフィックカード。複雑なモデルの操作には2GB以上(4Kディスプレイの場合は4GB以上)の専用RAMが必要。
※ 推奨グラフィックカードの情報は下記のURLをご確認ください。
https://helpcenter.graphisoft.com/jp/knowledgebase/107572/

オプションのハードウェア周辺機器

すべての主要なプロッター・プリンターおよびデジタイザーはARCHICADで使用することができます

インターネット環境

ARCHICADのアップデートのダウンロード・遠隔地でのBIMcloudへの接続・ライセンスの認証のために高速なインターネットアクセス必須

プロテクションキー

ARCHICAD 23を起動するためには、有効なARCHICAD 23ライセンスを含むCodeMeterハードウェアプロテクションキー、もしくはCodeMeterソフトウェアプロテクションキーが必要となります。

以前のバージョンに関する注意事項