ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADはモデリング、図面作成、パース作成、プレゼンテーション、チームでの共同作業など、包括的な機能セットを提供します。それぞれのエリアに対し豊富な機能を提供しながらも、直感的な操作性により快適な作業環境を提供します。

モデリング

あたまのなかにあるデザインを、ARCHICADではコンピュータの中で「形(カタチ)」にして見せていきます。

株式会社BIM LABO

建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

▶ 詳しくはこちらから