ボリュームを検討する

計画地に建築可能な建物ボリュームを決定するには、斜線制限や日影の検討、面積の制限などの検討が必要です。ARCHICADは、[ゾーンツール]という3Dツールを使って建物のボリュームを作り、計画地モデルには実際には見えない[斜線ブジェクト]を配置して、コンピュータの中で建築可能な建物ボリュームの検討を行うことができます。また配置したゾーンの要素から面積の情報を拾い出し、集計することができるので、フロアごとや建物全体の面積を簡単に把握することができます。