大まかな平面計画を練る

プランをスタートするにあたり、はじめは大まかな平面計画を練っていくことが多いですが、そのツールは紙と鉛筆であったり、色紙を切ってレイアウトしたり、コンピュータの中で2Dの線を書いたりとさまざまです。ARCHICADでは、[ゾーンツール]という3Dツールを使って、コンピュータの中に色付きの積み木を配置し、平面計画を練っていきます。配置したゾーン要素には室名や面積などが表記され、部屋の範囲も色付きで表示できるので、部屋の配置の関係や必要な部屋の広さを把握しやすくなります。また3Dでボリューム検討できるので、最適な空間の答えをわかりやすく絞り込んでいくことができます。プランをスタートするにあたり、はじめは大まかな平面計画を練っていくことが多いですが、そのツールは紙と鉛筆であったり、色紙を切ってレイアウトしたり、コンピュータの中で2Dの線を書いたりとさまざまです。ARCHICADでは、[ゾーンツール]という3Dツールを使って、コンピュータの中に色付きの積み木を配置し、平面計画を練っていきます。配置したゾーン要素には室名や面積などが表記され、部屋の範囲も色付きで表示できるので、部屋の配置の関係や必要な部屋の広さを把握しやすくなります。また3Dでボリューム検討できるので、最適な空間の答えをわかりやすく絞り込んでいくことができます。