イメージを建築(かたち)に

あたまの中でさまざまなイメージを試行錯誤で作っている時、そのイメージを取り出してみたくなります。そんなときにコンピュータの中で柱や壁を作り、窓やドアを取り付けて、『建築(かたち)』にすることでデザインが検討しやすくなります。またクライアントや関係者に『建築(かたち)』を見てもらうことで、イメージをスマートに伝えられます。