testtest2test3 ARCHICAD 機能| グラフィソフトジャパン - BIM/建築3D CADソリューション

ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

基本設計

企画設計で建物ボリュームやゾーニングが決まったら次は基本設計です。基本設計の課題は、プランや仕上げなどをくり返し検討し、概算工事金額を算出できるところまで詰めて決定していくことです。ARCHICADではこれらの検討課題を解決するのに、梁や天井、家具などをモデリングする機能とわかりやすく表現するプレゼンテーション手法を使います。
  • 01設計の方向性を検討する

    建物のデザインや部屋の使い方など、複数の案を出しながら設計の方向を検討します。

    Ⓐガラスの壁か出入り口かわかりづらい
    Ⓑ家具の平面配置検討はできるが、実際に配置してみた空間のイメージもつかみたい

    Ⓐ3Dではドアが確認できるため壁か出入り口か判別しやすく、導線の検討も容易
    Ⓑ家具の配置も検討しやすい

    Ⓒパラペットとフェンスのおさまりが気になる
    Ⓓうまく勾配がとれるか

    Ⓒクリアランスの確保が必要だとわかった
    Ⓓ梁で天井懐内が区切られているため、天井を下げるか階高さを上げるか要検討

    ひとつの詳細モデルをあらゆる方向から見たり、切ったり、取り出したりして各種図面のためのウィンドウを作成する。そこに寸法やテキストなどを追記して実施設計図書を仕上げていく。窓サイズの設計変更があり、建具表でW×Hを修正すると、それに関連した平面詳細図、断面詳細図、立面図、展開図などすべてのウィンドウに修正内容が反映される。図面を修正しているのではなく「モデル」を編集しているからだ。
  • 023Dでデザインの合意形成を得る

    設計した建物をコンピュータの中で歩き回って、クライアントやプロジェクト関係者と空間について意見を出し合い合意形成を図ります。

    エントランスは公開空地に大きく面して配置することで、余裕のあるエントランスになることを共有。

    パーティションの高さもその場で変更しながら検討することができる。

    オフィスの日当たりについて、午前10時ごろの日差しなどのシミュレーションをして見せることも可能。

    厨房から客席の様子も、3Dで見え方を確認して納得のいく設計に。

    空間を3Dで可視化しながら打合せをしていると、考えの相違を発見することがあります。このようなとき、その場でモデルを変更しながら合意形成が得ることができるので、設計の後戻りを防ぎ作業効率もアップします。
  • 03デザインのパターンを検討する

    例として複数のカーテンウォールのデザイン案を検討します。

    デザインA、細かなデザイン。

    デザインB、余裕のある配置のデザイン。

    デザインC、斜め格子状のデザイン。

    ファサードのデザインは、始めから1案に絞って提案できることは少なく、検討した複数のデザインをクライアントへ提案することが多くあります。ARCHICADでは、例えば一つの建物モデルに複数のカーテンウォールデザイン案を[レイヤーセット]を使って仕込んでおいて、かんたんに切り替えてクライアントに提案することができます。案ごとに建物モデルを作成する必要がないので煩雑になりません。
  • 04空間や仕上げを検討する

    上下左右あらゆる方向から、断面も使って空間や仕上げを検討します。

    始めは平面ウィンドウに柱や壁を置いてみて、3Dウィンドウでモデルを確認します。配置のバランスが良くなければ動かしてみて、平面ウィンドウに戻り計画に支障がないか確認します。続いてモデルに着色をしてみたり、あらゆる方向からカットしてみたりします。図面とモデルを重ね合わせてプレゼンテーションすることもできます。ARCHICADではパソコンの中のモデルと対話するようにして設計を検討し続けることができます。
  • 05プレゼンテーション資料にまとめる

    プレゼンテーション資料にまとめてクライアントに提案します。

    モデルから各種図面を切り出し体裁を整えた図面を、プレゼンテーション資料としてとりまとめることができます。また複数の図面の一括保存や印刷も可能です。プレゼンテーション後の設計変更でモデルを修正した場合でも、プレゼンテーション資料のすべての図面に修正内容が反映されるのでとりまとめ直す必要がありません。
  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから