ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

総合図

設計図と施工図とを結びづける役割をする図面として「総合図」があります。意匠・構造・設備の設計情報をひとまとめにし、干渉部分など問題箇所を洗い出していきます。このとき、プロジェクト関係者が集まり、BIMで可視化しながら干渉チェックなどができれば、問題提議がすばやくでき、実際に工事がスタートしてから問題に直面する事態を可能な限り避けることができます。またすべてがBIMでなくても、たとえば意匠のBIMに2Dの設備図を重ね合わせることもできるので、この場合も干渉チェックなどがしやすくなります。
  • 012Dと3Dを重ね合わせる ~OPEN BIM~

    2Dの設備図とBIMで作成された意匠のモデルとを重ね合わせます。ARCHICADなどのBIMアプリケーションをもたない設計者や工事業者も、BIMxを手に入れれば、ARCHICADと同じように3Dのモデルと重ね合わされた図面を見ながら検討し合うことができます。※BIM:Building Information Modeling

    設計者が渡した実施設計図をもとに施工会社が総合図を作成するとき、空調のダクト経路について悩むことなどがあります。その際、BIMxで図面と3Dモデルを重ね合わせてみることでダクトの検討がしやすくなります。
  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから