ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

確認申請

基本設計の検討内容のひとつに法規的なチェックをおこない、建設可能な建物を設計することが含まれます。その検討内容を一から確認申請用の図面にするには大変な労力と手間がかかります。ARCHICADを使って確認申請用のデータを一から作成するのではなく、基本設計モデルにすでに含まれている面積の情報やモデルの属性を利用して確認申請の図面が作成できるので、作業効率をあげることができます。またBIMのメリットで図面の整合性が高いことから、検査機関からの不要な指摘を受けずにすみます。
  • 01確認申請図の作成

    防火区画や防火戸、ALVS(面積、最高、換気、排煙)のチェック、歩行距離などが示された確認申請の平面図を作成するします。ARCHICADを使うと、例えばすでにモデリングされている壁の属性に防耐火の情報を与え防火区画をわかりやすく表現し、ドアから階段までの距離をあたって歩行距離を確認したり、3Dで可視化することもできるので、今後、確認申請の関連機関とBIMで作られたモデルを共有できれば、煩雑になりがちだった申請作業もスムーズに進められるようになります。

    防火区画は赤色で、防火戸は黄色で表現。

    防火区画の断面のみ赤色で表示し、防火戸の凡例はドアに情報を仕込んでおく。歩行距離はルートをクリックして自動的に計測。

  • 02 平均地盤を算定する

    敷地モデルに接している建物モデルの輪郭をなぞって、平均地盤面を算出します。すると同時に算定根拠となる地盤の展開図と算定表もすばやく作成できます。3Dモデルならではの算定方法です。算出した地盤面の数値で建物高さを決定し、斜線制限や日影規制などの検討を行います。

    平面図ウィンドウ上で、敷地モデルに接している建物のアウトラインをなぞる。

    敷地モデルに接している建物のアウトラインをなぞり、ワンクリックで作成される「平均地盤レベル図」、「平均地盤算定表」、「平均地盤算定展開図」。

  • 03ALVSの検討

    すでに配置している窓のモデルから、自然の採光・換気・排煙の検討に必要なサイズ、配置位置、種別の情報を取り出し、採光補正係数や換気有効開口面積、排煙有効開口面積や算定します。その結果を図や表にして、ALVSの検討図としてまとめます。窓のサイズが変われば検討結果も同時に修正されます。

    図のALVS検討は、窓が持つサイズや配置高さなどの情報をテキストで引き出した結果。[ラベルツール] を使って、平面や断面ウィンドウに表示している窓の上でクリックする。※一部手動で情報を入力しておく必要があります。

  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから