ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

施工図

設計と施工とを結びづける役割をするのが施工図です。設計のためのモデルづくりだけでなく、施工のためのモデルにもBIMは使われます。施工者の観点から作られたモデルと施工図は正確で効率的な施工に役立ちます。施工の生産性を上げるためにも、設計意図を反映したBIMデータを施工者に手渡し可視化してもらうことで、クライアントの考えを施工の現場につなげ、かつ、問題箇所が早期発見できるので工事の遅滞を防ぐこともできます。
  • 01躯体図の作成

    実施設計のBIMデータを引き継ぎ、躯体図を作成します。問題箇所を発見した場合は、プロジェクト関係者と素早く情報を共有できます。

    意匠の詳細モデルから作成した平面詳細図

    平面詳細図モデル:意匠の図面に必要なモデルが表示されている

    1の意匠の詳細モデルから情報を引き継ぎ、施工図用に情報を追加・作成された躯体図

    躯体図モデル:1階見上図に必要なモデル。柱・梁・スラブ・壁モデルから、符号やレベルの情報を引き出し[ラベルツール]で追記する。

    1階見上図:躯体図モデルから、見上げ図・断面図・矢視図・部分詳細図・図面記号の凡例を作成し、1枚の図面シートにまとめる。

  • 023D施工図の作成

    BIMデータから水平・垂直に切り出した図面だけではなく、斜め横から立体で見た図に寸法やテキストを書き込み、3D施工図を作成します。

    現場事務所でスクリーンに3D施工図を映し、2Dの施工図では説明しづらい部分を可視化、わかりやすくする。

  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから