ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

数量把握

設計を進めていく中で「3階の事務所は〇〇㎡の広さを確保しょう」、「壁の仕上げはクロス張りで」、「延焼線がかかるからここは網入りガラスね」、さらに現場の工事に入る前は「安全に工事するために仮囲いをしてここにゲートを設置して…」、「掘削する土量がこれだけあるからダンプカーは〇台必要か」などと、ひとつの建物を実際に作り上げるにはたくさんの検討が必要になってきます。これらすべてに共通で、最も大事なことの一つとして、コストコントロールが挙げられますが、ARCHICADでは設計や施工のフェーズに応じてモデルから数量を拾いだし、コストを把握することができます。
  • 01内壁の面積をひろう

    モデルから各部屋の内壁面積を拾い出し建物全体の内壁合計面積を算出します。建物の規模が変更になった場合でも、モデルを修正すれば種類ごとの内壁の面積が追従して変更されるので、新たなコストをすぐに把握できます。

    窓やドアの表面積「B」を*[ゾーンツール]が自動的に認識する。内壁面積から差し引いて内壁の有効面積を算出する。※黄色で塗りつぶしている部分

    [ゾーンツール]を各部屋に配置*する。[壁ツール]で配置した内壁の表面積「A」を[ゾーン]が自動的に認識する。※色付き半透明のブロック。

    内壁表面積「A」-(ドア+壁「B」)=内壁有効表面積
  • 02見積書を作成する

    モデルから拾い出した種類ごとの内壁の面積表を作成してExcelデータでエクスポートし、書式の整った見積書を作成します。

    ARCHICADから拾い出しExcelへエクスポートした数値を見積明細の数量と紐づけておけば、ARCHICADモデルが変更になっても、Excelデータを上書き保存するだけで数量が変更され金額も同時に修正されます。ARCHICADをデータベースとして使い、応用範囲を広げた方法です。
  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから