ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

実施設計

基本設計で設計の内容を決め予算を算出し、法規的なチェックも終え、クライアントとの合意形成を得ると、続いて施工と結びつけるための実施設計に入ります。ARCHICADでは基本設計モデルを詳細なモデルに置き換えたり追加したりして、実施設計モデルへと育てていきます。そこから取り出された図面はすでに詳細な情報を含んでいて、必要な寸法やテキストを加筆することで、実施設計図書一式を仕上げることができます。また、共同で作業できる[チームワーク]機能を使って作業分担をし、効率よく設計を進めることができます。
  • 01平面詳細図・断面詳細図を作成する

    基本設計で作っていた単層の壁や柱や床に、躯体や下地・仕上げの層を書き加えて平面詳細図や断面詳細図を仕上げていきます。ARCHICADを使って、単層の3Dモデルから複層の3Dモデルに置き換えます。2Dの線を消したり加えたりの作業は不要です。コンピュータの中でおさまりを検討しながら、その結果が詳細図面としてできあがっていきます。

    基本設計が終わって実施設計をする際、平面図や断面図に詳細なおさまりを線で書き込む必要はなく、そのまま引き継いで詳細なモデルにしていくことができる。

    さらにモデルが詳細になると平面図は平面詳細図に、断面図は断面詳細図になるうえ、設計変更があってもモデルを編集すれば全ての図面が修正

  • 02一般図から部分詳細図まで

    実施設計に必要な設計図書として、一般図に加え、平面詳細図、断面詳細図、展開図、天井伏図、部分詳細図、建具表などの図面が求められます。これらすべての図面を2Dの図面として別に作成するのではなく、ひとつの詳細モデルから作成できるのがARCHICADです。

    ひとつの詳細モデルをあらゆる方向から見たり、切ったり、取り出したりして各種図面のためのウィンドウを作成します。そこに寸法やテキストなどを追記して実施設計図書を仕上げていきます。窓サイズの設計変更があり、建具表でW×Hを修正すると、それに関連した平面詳細図、断面詳細図、立面図、展開図などすべてのウィンドウに修正内容が反映されます。それは図面を修正しているのではなく「モデル」を編集しているからです。
  • 03詳細設計を役割分担して進める

    インターネット回線や社内のネットワークを使って、ひとつの実施設計プロジェクトを複数の作業メンバーで役割分担しながら同時に作業を進めます。いつでも・だれでも・どこからでも参加することができ、社外で作業に参加しているメンバーに相談したいことが出てきた場合は、チャットのようなメッセージ機能を使って同じモデルを見ながらコミュニュケーションをとることが可能です。

    ひとつのプロジェクトデータを複数のメンバーで役割分担しながら作業がおこなえます。
  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから