ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

運用管理

建物のライフサイクルは、クライアントが設計者と出会いアイデアを練るところから始まります。続いて施工者がより良い形で作り上げた建物をクライアントに引き渡します。いずれも大切な過程ですが、建物が完成してから寿命を終えて解体されるまでが、建物のライフサイクルの中で一番長い期間になります。この建物が存在するあいだに建物をより長く健全に維持するためのメンテナンス計画を立てます。このメンテナンス計画に役立つ建物管理情報をBIMで持つことができます。また完成した建物の一部を改修する場合も竣工時のBIMデータを使って、解体する部分・残す部分・新たに計画する部分をモデルに割り当て、可視化しながら設計・施工の計画に役立てることもできます。
  • 01建物の維持管理にBIMを役立てる

    BIMで最も重要な「I」のインフォメーションを建物の維持管理に役立てます。建物モデルの中にあるたとえば照明やEV、空調などの要素に、品番・メーカー・設置時期などの情報持たせておきます。ARCHICADを持たない建物管理者にはExcelデータやBIMxデータに出力して渡します。こうして連携をとることで「I」=情報を活用することができます。

    モデルに維持管理のための「I」=情報を入力する

    入力した情報を表にしてエクセルにエクスポートする。

    また、BIMxに出力して確認することもできる

  • 02建物の一部を改修する

    すでにあるBIMデータに、解体する部分・残す部分・新たに計画する部分を割り当て、可視化してわかりやすい図面とモデルを作成します。

    現在の設計モデル。

    改修部分をハイライト。

    03. 改修部分のモデル非表示。

    04. 改修部分の計画モデル。

    レストランの一部をBarに改修する場合は、このように現在の状態と改修する部分を可視化してシミュレーション、検討することができます。
  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから