ARCHICAD 機能

ARCHICADは設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。このページではARCHICADの機能概要を株式会社BIMLABOの監修を元に、機能エリア/プロジェクトフェーズごとに分けて説明しております。

機能エリアで見る

プロジェクトフェーズで見る

ARCHICADは建物の設計、施工、そして維持管理の各段階で高い価値を提供します。プロジェクトの各フェーズに最適化された機能により、各フェーズでの業務をサポートし、より効率的なワークフローと、質の高い成果物の実現を支援します。

企画設計

敷地に対する建物のボリューム検討からはじまり、各階の部屋ごとの大まかな広さを検討したり、立面や断面高さ方向の計画を練ったりするのが企画設計のおもな課題です。これらの検討課題をARCHICADでは次のようにグラフィカルでわかりやすい流れで、ボリュームを検討し決定していくことができます。
  • 01敷地モデルをつくる

    敷地データを読みこみ、計画地の敷地と近隣の建物の形状モデルを3次元でつくります。3次元でつくることで敷地の特徴や設計する建物の性格がつかみやすくなります。

    計画地の経度・緯度の地理的情報をGoogle マップから得る。

    敷地・近隣建物モデルを配置する。

    さらに、敷地データ(2D)を重ねることで全体の特徴を把握しやすくなる

  • 02ボリュームモデルで斜線規制を検討する

    法規制による建築可能なボリュームを3次元で検討します。斜線規制はモデルとしてわかりやすくみることができます。

    ボリュームモデルをおく

    斜線オブジェクトを配置する。

    斜線制限による建物配置とボリュームを検討する。

    建物のボリュームを決定する。

  • 03おおまかな平面計画を練る

    平面計画や3Dゾーンモデルと連動した面積表で、レンタブル比や居室面積などの必要条件をリアルに検討することができます。

    まず、ゾーン割を入力する。

    すると建物全体の3Dゾーンモデルを確認できる。

    さらに各部屋の面積を集計した面積表も自動的に生成される。

  • 04おおまかな断面・立面計画を練る

    おおまかな断面・立面で高さ方向の計画を検討します。人やモノの出入りを可視化して提案できます。

    フロアごとに 柱・壁・床・開口部 を配置する。

    断面での検討する。

    立面での検討をする。

  • 株式会社BIM LABO

    建築プロセスの革新を目的としてARCHICAD・Revit、BIM教育、ソフトウェア開発、 構造設計、熱流体解析のエキスパートにより結成。2013年12月に株式会社BIM LABO として法人化し、現在に至ります。

    ▶ 詳しくはこちらから