Helios Link for ARCHICAD

建築数量積算・見積書作成システム「NCS/HELIOS(ヘリオス)」へデータ連携

Helios Link for ARCHICAD

「Helios Link for ARCHICAD」は、ARCHICAD から建築数量積算・見積書作成システム「NCS/HELIOS(ヘリオス)」へデータ連携を行う為のアドオンソフトです。ARCHICAD で作成したモデルデータをヘリオスのローカルファイルであるTSVファイルとして出力します。このTSVファイルはヘリオスでインポートすることが可能です。

最終更新日

Helios Link for ARCHICAD

ダウンロード入力項目あり

2018年5月25日

※Windowsのみとなります

Helios Link for ARCHICAD機能概要

効率的なダイレクト連携

この連携は、国際規約に縛られたIFCを使わず、ヘリオスのローカルファイルで実現させたことによって、従来2段階であった変換回数を1段階へと削減し、より精度の高い連携が図れます。また、ヘリオスに必要な最小限の情報に絞り込むことから、より効率的な連携となり、連携時間の大幅な短縮化・スムーズな業務連携へ繋がることが期待できます。

連携対象オブジェクト

この連携の対象オブジェクトとしては、「柱」「梁」「壁」「床」「独立基礎」「部屋」「ドア」「窓」となります。更に建物情報として、プロジェクト名(⇒物件名)、レベル(⇒階)、通芯(⇒通り芯)も取込み可能です。柱・梁・独立基礎オブジェクトの各寸法は、ユーザー指定のパラメータから受け取ります。また、各オブジェクトの属性(RC or S)、および形状タイプ(矩形 or 円形)も、それぞれが保有するパラメータで判断します。例えば、X・Y寸法にあたるパラメータが存在すれば矩形、直径にあたるパラメータが存在すれば円形と判断されます。更に、梁の種別(小梁や基礎梁など)、床の種別(床版や土間など)は、そのオブジェクトに付けられた符号によって判別されます。

その他、受け取れる情報

その他、受け取れる情報として、仕上に関して、各部屋に保有しているユーザー指定のパラメータから、床、巾木、壁、天井、廻縁の5種類の仕上を、最大6層分まで取り込むことが可能です。更には、壁のビルディングマテリアル情報から、壁面ごとの仕上も受け取れます。以上の情報から、ヘリオスの積算機能を使って、数量、更には金額まで算出し、見積書を作成することができます。

※各バージョンのアドオンツールをダウンロード後、EXE形式へ解凍した上でインストールを行ってください。
(インストールは必ず管理者実行にて行って下さい。)
※当機能におけるお問い合わせは㈱バル・システム(http://www.val-system.co.jp)までお願いします。