【レポート】GRAPHISOFT USERFEST Meetup in Fukuoka2019
~ Vol.1 ワークショップ編 ~

GRAPHISOFT USERFEST Meetup in Fukuoka2019 ~ ARCHICADばりすいとぅちゃんね~  レポート Vol.1 ワークショップ編

2019年7月2日~3日の1泊2日で、日本では初めてのARCHICADユーザーによる、ARCHICADユーザーのためのイベントが開催されました!
初めての宿泊型、初めてのユーザー主導のワークショップ、初めてのナイトセッションと、初めてづくしのイベントでしたが、実は遡ること1年前から準備が始まっていました。
日本国内には、ARCHICADのユーザーグループが各地に11グループあり、(先週金曜日に12番目のユーザーグループが発足しましたが!)各グループから、参加者や実行委員会メンバーが集まり、濃く楽しい1泊2日のイベントとなりました。
今回のUSERFESTは、『BIM Classes』と『Workshop』の2つのコースに分かれて開催され、特に『Workshop』は、テーマの選別、準備、当日の運営もすべて17名のユーザーの方で構成された「実行委員会」の主導で行われ、わたしたちグラフィソフトは裏方でお手伝いをいたしました。
会場も、実行委員長のお膝元、九州での開催ということで、漢委奴国王の金印が出土したとされる「志賀島」に、南は沖縄、北は北海道までの全国各地から、ARCHICADユーザーが集まりました。参加者のみなさんが楽しんで、次の日から使えるARCHICADの知識と、ARCHICADを介した新しいつながりを持って帰っていただけるよう、実行委員のメンバーの方々はご自身の時間を削って、そして楽しみながら!(これが大事!)準備を重ねてくださいました!そういった時間が実を結んだ、2日間になったと思っています。では、レポート第1弾として、『Workshop』の内容からご紹介しましょう!

Workshop

「レクチャー&ディスカッション」型として、各テーマのテーブルに2名の実行委員会メンバーが担当として付き、 2時間ひとコマとしてのワークショップを、会期中 計3回行いました。
テーマは9つあり、参加者は事前に3つのテーマを選んで参加いただきました。

① 予備知識ゼロから始めるGDL

② 今日から使える便利ツール

③ モデリング・チャレンジ! この形はこう作る

④ へい・りつ・だん 〜モデルから図面へ〜

⑤ ARCHICADを施工で使ってみよう

⑥ オブジェクトとテクスチャーとレンダリング表現 (CineRender etc.)

⑦ BIMを活かしたこれからの図面表現

⑧ 意匠と構造とARCIHCAD

⑨ BIMの「I」はこう使う

WORKSHOPテーマ紹介

では、各テーマの概要(アジェンダ)をご紹介しましょう。

① 予備知識ゼロから始めるGDL

【 テーマリーダー 】
 石田 憲氏(User Group Tokyo)
 山上 健氏(User Group Nagoya)

【 主な内容 】
・作業環境
・GDLの編集画面のインターフェイス、パラメータ、リファレンスガイドの説明
・デフォルトのオブジェクトに手を加える
・オリジナルオブジェクトにテキストを入れる 他

② 今日から使える便利ツール

【 テーマリーダー 】
 道脇 力氏(User Group Kyushu)
 大門 浩之氏(User Group Hokkaido)

【 主な内容 】
・インターフェイス、作業環境
  属性ツールバー、フォルダをクローン 他
・ショートカットキー
  設定ダイアログ、選択セットの編集、
スナップ参照 他
・入力機能
  吸引、選択された要素にラベル配置 他
・編集機能
  検索と選択、分割された壁の接続、線の整理 他
・その他

③ モデリング・チャレンジ! この形はこう作る

【 テーマリーダー 】
 完山 剛氏(User Group Kansai)
 田原 泰浩氏(ACD48)

【 主な内容 】
・断面形状の活用
・カーテンウォールの活用
・階段 他

④ へい・りつ・だん 〜モデルから図面へ〜

【 テーマリーダー 】
 新 貴美子氏(User Group Kansai)
 三浦 豪介氏(User Group Kyushu)

【 主な内容 】
・図面化のためのモデリング基本
・ヘイ・りつ・だん の仕組み
・ちょっと楽しいりつとだん
・プレゼンボードを作る


⑤ ARCHICADを施工で使ってみよう 

【 テーマリーダー 】
 大木 篤史氏(ARCHICAD Okinawa User Group)
 

【 主な内容 】
・造成計画に使ってみよう
・仮設計画に使ってみよう
・VECD提案に使ってみよう
・ステップ図で施工手順の見える化
・ARCHICADで問題の早期解決
・干渉チェックに使ってみよう
・ARCHICADで承認依頼  他

⑥ オブジェクトとテクスチャーとレンダリング表現(CineRender etc.)

【 テーマリーダー 】
 経種 俊幸氏(山陰ARCHICADフォーラム)
 奈木 紀子氏(User Group Kansai)

【 主な内容 】
・ARCHICAD実装オブジェクトの種類と扱い 
・無料オブジェクトのについて 
・オリジナルオブジェクトの作成方法 
・ARCHICADデフォルトの材質設定 
・材質設定におけるオリジナルテクスチャの作成(取り込み) 
・CineRenderのパラメータ設定 
・パースとしてのテクニック(デフォルメを含めて) 
・HDRI光源の有効利用 
・時短テクニック(レタッチ、2D画像の利用)  
 

⑦ BIMを活かしたこれからの図面表現

【 テーマリーダー 】
 開 達也氏(ユーザーグループ徳島) 
 杉本 真理子氏(ユーザーグループ徳島) 

 このグループはディスカッションメイン。
 参加メンバーの現状の利用方法や悩み等々を
 話し合いました。

【 いくつかのトピックス 】
・「図面はなくならない」と「図面は要らない」
・BIMモデルの承認
・責任の範囲
・目的にあったルール作り  他

⑧ 意匠と構造とARCIHCAD

【 テーマリーダー 】
 中嶋 由美子氏(User Group Tokyo)
 田上 圭一氏(ユーザーグループ高知)

【 主な内容 】
・一気に構造モデル!
  STBファイルを取り込んでみよう
・意匠モデルに1.をホットリンク
  → 図面切り出し
・パラメトリック断面形状(S,RC)
・リノベーション機能使いこなし
・木造表現の知識アップ

⑨ BIMの「I」はこう使う

【 テーマリーダー 】
 吉田 浩司氏(User Group Kyushu)
 山崎 竜一氏(User Group Kyushu)

【 主な内容 】
・BIMの「i」の部分、どのように使ってますか?
・プロパティマネージャーの使い方
(分類・数式エディタ)
・プロパティ情報を活かした一覧表の使い方
(一覧表、プロジェクトインデックス)
・情報を活かして図面等に表現して活用する方法(表現の上書き、ラベルの設定)
・データを効率よく入力する方法(検索、入力画面の設定など)

参加された方から、コメントをたくさんいただきました!

・自分の知らない知識を吸収でき、充実した2日間だった。 

・とにかく良かった!参考になった!モチベ-ションがあがった 
 
・とても刺激になりました。講師と知り合いにもなれて良かったです。 
 
・無料で教えて頂くには勿体無いくらい丁寧に教えていただきました。人数が多く、声が聞こえにくい時もあったので次回改善されるとより嬉しいです。 
 
・主催している側の用意しているものを聞くだけではなくて他の人が気になっていること、どう思っているか、どう使っているかがなんとなく聞けたのが良かった。 
 
・3つだけでなく全部聞きたかった。 
 
・初心者も受け入れてもらってよかった 
 
・回を重ねて、内容が進化していくのもいいなーと思いました。 
 
・非常に刺激的で楽しい時間でした。人数もディスカッションするには適正(またはもう少し少人数でも良い)で色々と吸収できました。 
 
・ユーザーが今感じていることを直接いろんな方に聞けて勉強になった。 
 
・楽しかったです。 
 
・もう少し掘下げた話も出来たほうが良かった 
 
・各内容はよかったと思います。自分が聞かなかったワークショップの内容を最後に全て発表していただけて良かったです 

まずは、第1弾として、ワークショップの様子をお届けしました!
次回は、泊りがけの合宿スタイルならでは?!の「ナイトセッション」の様子をお届けします!
お楽しみに!