テレワーク

今こそ、「どこでも働ける環境」へ移行し、
誰もが働きやすい環境を作りませんか?

GRAPHISOFTのBIMソリューションは様々な場所からコラボレーションするチームを支援します。

多様な働き方が求められる今日、テレワーク/リモートワークを駆使した働き方というのは多くの会社/組織が目指す一つの目標でもあります。建築・建設業界においてもテレワークやリモートでの働き方をGRAPHISOFTのBIMソリューションは可能にします。

ARCHICADの持つチームワーク機能とBIMcloudを組み合わせることで1つのプロジェクトの設計を同時に複数人で作り上げることが可能になります。たとえそれぞれが離れた場所にいても一つのBIMモデルを見ながらコミュニケーションをとりあい、協業して作り上げていくことができます。
さらにBIMxを用いることで、ARCHICADで作成したBIMモデルをiPadやPCブラウザ等を通じて誰もがご利用できます。設計予定の3Dモデルや設計図等を専門知識を持たない人でも自由に閲覧することができるので、プロジェクトの関係者全員との合意形成や共有を簡単に行うことができるようになります。

在宅勤務の推進と、どこにいても誰とでも働ける環境づくりは人材確保の点においても大きな影響があります。オフィスへの通勤を考慮して狭まった地域のみで人員を募集する必要性が小さくなり、より広範囲にて採用をかけることができます。それと同時に、社員の環境が変わってしまい辞めざるを得ない状況も減らすことができます。昨今の人手不足問題で悩まれてる方はこの機械に一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

GRAPHISOFT BIMソリューション

ARCHICAD

ARCHICAD

ARCHICADは建築・建設プロセスの初期段階から施工、維持管理まで包括的なBIMワークフローをサポートしています。構造・設備・シミュレーション・解析など、Open BIMで連携する様々なソフトウェアでシームレスに共有できるBIMモデルのシステムを提供しています。これにより、より正確で効率的なプロセスが約束されます。ARCHICADのBIMモデルを使えば、自動的にドキュメントの整合性を維持しながら、いつでも変更を行うことが可能です。

> ARCHICADの詳細はこちら

> ARCHICADチームワーク機能詳細はこちら

BIMcloud

BIMCloud

BIMcloudを使えば、プロジェクトの規模やオフィスの所在地、 インターネット速度に関わらず 安全でリアルタイムの共同作業が可能になります。 ARCHICADとBIMCloudが提供するチームワーク機能を利用する事により、関係者間の確認、連絡が円滑に進み、BIMワークフローが革新的に進化します。

> チームワーク機能について

> BIMCloudの詳細

BIMx

BIMx

いつでも、どこでも、BIMプロジェクトに容易にアクセス
BIMx Web Viewerは無償のサービスであり、プラグインのダウンロードやソフトウェアのインストールを一切必要としません。コンピュータおよびモバイルデバイスの両方で利用できるため、BIMx Web Viewerを使えばBIMデータにいつでも、どこでも、アクセスできます。

>BIMxについて

> BIMxをオススメする理由

チームワーク機能を活用するユーザー様例

株式会社ixreaはARCHICADとBIMCloudを活用して、テレワークやリモートワークを行なっている設計事務所です。遠隔地にいる人とも共同で作業できる環境を駆使することで、鹿児島にいながらも東京での仕事受けやすい体制を作っています。

昨年行なったオンラインセミナー【ARCHICAD on Air】ではテレワーク・リモートワークを取り入れたことで、人手不足の解消や、事務所の費用削減を可能にしたお話をしていただきました。

ARCHICAD on AIRは以下のリンクより視聴申込み可能です。
【 ARCHICAD on Air 申し込み受付 】


ssilabo

UC for BIMcloud トライアルキャンペーン実施中

ARCHICADチームワーク機能を活用するためのサーバー環境を簡単に利用できるUC for BIMcloud。サーバーを用意・管理する手間を省け、BIMcloudに特化した環境を扱えます。

運営元の株式会社エスエスアイ・ラボでは現在新型コロナウイルス感染拡大によって、緊急でテレワークを実現したい企業様や、事業継続対策の見直しをしたい企業様に対して、最大3ヶ月間無償のキャンペーンを実施しています。

新型コロナの脅威があるこの短期間でもテレワークを実施したいとお考えの企業様、ぜひご検討ください。詳しくは下記バナーリンクをご覧ください。

BIMcloud-campaign 新型コロナ対策としてのテレワーク環境整備に